「ワークライフバランス」についての調査(エン派遣を利用している就業中のユーザー対象) 

2018年01月19日
エン・ジャパンが運営する日本最大級の派遣のお仕事まとめサイト『エン派遣』上で、サイトを利用している方を対象に「ワークライフバランス」についてアンケート調査を行ないました。本発表では、現在就業中の1,082名の回答を抜粋しました。

【調査結果概要】

★ワークライフバランスの満足度がもっとも高い雇用形態は「契約社員」。最下位は「正社員」。
★ワークライフバランスの改善策、第1位は「生活環境の条件に合った仕事に就く」。
★現在の勤務時間・勤務日数を長いと感じているのは「正社員」。短いと感じているのは「アルバイト」。

【調査結果詳細】

1:ワークライフバランスの満足度がもっとも高い雇用形態は「契約社員」。最下位は「正社員」。(図1)
現在、就業中の方にワークライフバランスの満足度を伺いました。「良い」という回答がもっとも多かったのは「契約社員」(24%)でした。次いで「派遣社員」(22%)、「アルバイト」(18%)が続きました。満足度がもっとも低いのは「正社員」(11%)です。

2:ワークライフバランスの改善策、第1位は「生活環境の条件に合った仕事に就く」。(図2)
ワークライフバランスが「悪い」と回答した方に、改善策を伺いました。すべての雇用形態でもっとも多かった回答は「生活環境の条件に合った仕事に就く」(正社員:38%、契約社員:47%、派遣社員:35%、アルバイト:55%、フリーランス:44%)でした。雇用形態別では、正社員は「仕事量を減らす」(17%)、派遣社員は「やりがいの持てる仕事に就く」(32%)、フリーランスは「短時間でも成果の出るような仕事の仕方に変える」(22%)のポイントが目立ちました。

3:現在の勤務時間・勤務日数を長いと感じているのは「正社員」。 短いと感じているのは「アルバイト」。(図3、図4、図5)
「現在、勤務時間・勤務日数についてどう感じていますか?」と伺いました。「ちょうど良い」と回答した方の比率を雇用形態別に見ると、高い順に「派遣社員」(62%)、「アルバイト」(55%)、「契約社員」(51%)、「正社員」(38%)、「フリーランス」(38%)が並びました。派遣社員は、ワークライフバランスの満足度に続き、勤務時間や勤務日数も満足度の高さがうかがえます。「長い」と回答した方は「正社員」(61%)がもっとも多く、「短い」と回答した方は「アルバイト」(24%)がもっとも多い結果になりました。

現在の平均勤務時間を伺ったところ、「正社員」は「8時間以上」と回答した方が69%(8時間~9時間未満:39%、9時間以上:30%)と、他の雇用形態よりも勤務時間が長い結果となりました。一方、「フリーランス」は「8時間未満」と回答した方が63%(4時間未満:14%、4時間~6時間未満:20%、6時間~7時間未満:11%、7時間~8時間未満:18%)と、他の雇用形態よりも勤務時間が短いことが分かりました。雇用形態別の平均勤務日数もご紹介します。


【調査概要】
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:『エン派遣』を利用している就業中のユーザー
有効回答数:1,082名
調査期間:2017年11月21日 ~ 12月25日

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP