第8回「ビジネスパーソン1000人調査」【AI・ロボット技術編】 

2018年01月18日
日本能率協会(JMA)は、2013年より全国のビジネスパーソン1000人に対し、職場や仕事に対する考えについて意識調査を行っています。この調査は、働く人びとに焦点を当て、その時々の旬の話題をデータで紹介するシリーズです。
今回は、世の中の関心が高まる「AI・ロボット技術」について取りあげました。

【トピックス】

1.人工知能(AI)・ロボット技術が進むことに対し、期待している人は約半数。男性の方が女性より10ポイント以上多い。具体的に期待することとして、仕事面では「効率化」「省力化・省人化」、日常生活面では「自動運転」「ロボット家電」。

2.人工知能(AI)・ロボット技術が進むことに対し、不安に感じている人は過半数に。不安に感じている人は女性、30代・40代がより多い傾向に。具体的な不安として、仕事面では「システムエラーによる事故・混乱」「ロボットに仕事を奪われる」、日常生活面では「人間が退化する」「失業者が増え、経済が悪化する」。

3.AI時代にビジネスパーソンに求められるスキル・能力は、「コミュニケーション力」が最多に。

【調査結果】

1. 人工知能(AI)・ロボット技術が進むことに対し、期待している人は約半数。男性の方が女性より10 ポイント以上多い。具体的に期待することとして、仕事面では「効率化」「省力化・省人化」、日常生活面では「自動運転」「ロボット家電」。

・人工知能(AI)・ロボット技術が進むことに対して、どの程度期待しているかを聞いたところ、「期待している」(「とても期待している/13.3%」、「やや期待している/34.8%」の計)が 48.1%、「期待していない」(「あまり期待していない/39.8%」、「まったく期待していない/12.1%」の計)が 51.9%となり、期待していない人がやや上回る結果となりました。

・性別でみると、「期待している」と回答した人は、男性では 53.0%、女性では 42.1%と 10 ポイント以上の差が見られました。

・年代別でみると、20 代、60 代は「期待している」が過半数であるのに対し、30 代、40 代、50 代は、「期待している」が半数に達していません。

・人工知能(AI)・ロボット技術が進むことに対しての具体的な期待を、仕事面、日常生活面でそれぞれ聞いたところ、仕事面では「仕事の効率化が進む」(30.7%)がもっとも高く、ついで、「省力化・省人化が進む」(28.0%)、「ヒューマンエラーを解消し、品質が向上する」(23.7%)でした。

・日常生活面では、「自動運転により、移動がより安全で便利になる」(37.8%)と 4 割近くになりました。
ついで、「家電製品の AI・ロボット化が進み、家事負担が減る」(30.1%)、「AI による医療診断、ロボット手術など医療がより発達する」(29.8%)が続きました。

2.人工知能(AI)・ロボット技術が進むことに対し、不安に感じている人は過半数に。不安に感じている人は女性、30 代・40 代がより多い傾向に。具体的な不安として、仕事面では「システムエラーによる事故・混乱」「ロボットに仕事を奪われる」、日常生活面では「人間が退化する」「失業者が増え、経済が悪化する」。

・人工知能(AI)・ロボット技術が進むことに対して、どの程度不安を感じているか聞いたところ、「不安に感じる」(「とても不安に感じる/10.4%」、「やや不安に感じる/42.7%」の計)が 53.1%と、過半数となりました。

・性別でみると、「不安に感じる」と回答した人は、男性では 49.7%、女性では 57.3%と 7.6 ポイントの差が見られました。

・年代別でみると、30 代、40 代は他の年代に比べ「不安に感じる」が高く、40 代では、「不安に感じる」と回答した人が 61.7%と、6 割を超えています。

・人工知能(AI)・ロボット技術が進むことに対しての具体的な不安を、仕事面、日常生活面でそれぞれ聞いたところ、仕事面では「システムエラーによる事故や混乱が生じる」(35.7%)がもっとも高く、ついで、「AI やロボットに自分の仕事を奪われる」(27.2%)、「投資にお金が掛かる」(22.3%)でした。

・日常生活面では、「人間が退化する」「失業者が増え、経済が悪化する」がともに 34.6%で最多となりました。ついで「人と人の触れ合い・コミュニケーションが減る」(29.9%)が続きました。

3. AI 時代にビジネスパーソンに求められるスキル・能力は、「コミュニケーション力」が最多に。

・AI 時代に、ビジネスパーソンに求められるスキル・能力を聞いたところ、「コミュニケーション力」が 40.7%で最多となりました。特に女性では、47.6%と約半数にのぼっています。ついで、「創造力」(30.3%)、「ITスキル」(24.9%)となりました。


【調査概要】
・調査名称:第8回「ビジネスパーソン1000人調査 」【AI・ロボット技術編】
・調査期間:2017年9月27日〜2017年10月6日 10日間
・調査対象:(株)日本能率協会総合研究所「JMARリサーチモニター」のうち全国の20歳〜69歳までの正規・非正規雇用の就業者(企業や団体で働く正社員、役員、経営者、契約・嘱託社員、派遣社員。ただしパート・アルバイト、医師・弁護士などの専門職業、自由業を除く)
・調査方法:インターネット調査
・回答数:1,000人
 属性:性別:男性555人、女性445人
 年代:20代156人、30代243人、40代240人、50代209人、60代152人
 雇用形態:男性(正規444人、非正規111人)女性(正規194人、非正規251人)
 勤務先従業員数:5,000人以上170人、1,000〜5,000人未満154人、300〜1,000人未満166人、100〜300人未満182人、100人未満328人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP