「会議」についての調査(日英20歳以上の働く男女対象) 

2017年10月30日
ワコムは、2000人の日英20歳以上の働く男女を対象(1か国の調査対象人数1000名)に、「会議」についての調査を実施し、日英両国の会議の実態をまとめたインフォグラフィックを公開しました。(調査実施日:イギリス 2017年6月2日~7日、日本 2017年8月28日~29日)

【調査結果】

まず、「勤務時間中、平均何%が会議に費やされているか」を調査したところ、日本・イギリスとも10%が一番多くそれぞれ47.0%(日本)、27.9%(イギリス)という結果となりました。続いて、「会議の大半を意味のあるものだと感じていますか?」という質問には、日本が「はい」(32.3%)、「いいえ」(67.7%)、イギリスでは「はい」(43.3%)、「いいえ」(56.7%)と、いずれの国でも比較的高い割合で無意味な会議があると感じている人がいるようです。

次に、「PCやスマホ、タブレットを会議に持ち込んでいますか」という質問に対し、43.6%が「はい」と回答。半数近くが何かしらのデジタルツールを会議に持ち込んでいるという結果になりました。特に会議時間が勤務時間の30%を超えている人のスマホ・タブレットの持ち込み率は、75.4%と急増する傾向が見られました。(会議時間10%:デジタルツール持ち込み率46.5%、会議時間20%:デジタルツール持ち込み率49.7%)

また、「会議中に会議の内容やプロジェクトとは関係のない業務をしたことがあるか」という質問に対しては、日本では「ある」が35.1%、イギリスでは34.2%と、日英両国とも3割以上が会議に集中できないことがあるという結果になりました。こちらもデジタルデバイスの会議への持ち込率と同様、日本で会議時間が勤務時間の30%を超えている人の77.8%が会議中にマルチタスクになる傾向にあります。(会議時間10%:会議中の他業務率33.2%、会議時間20%:会議中の他業務率42.8%)

そこで、日本の方のみに「会議のテーマだけに集中するために使えるツールがあれば、欲しいと思いますか?」という質問をしたところ、63.6%のが欲しいと回答しました。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP