『春生まれベビーの名付け』に関する調査 

2018年04月23日

ベビーカレンダーは、2018年3月1日〜2018年4月15日に生まれたお子さん9,231人を対象に、『春生まれベビーの名付け』に関する調査を行いました。

調査結果


1.2017年赤ちゃんの名前ランキングTOP10

〇女の子は自然派ネームが人気、「楓」が初めて1位に。男の子は「湊」が1位に返り咲き!
2010年より実施し、2017年で8回目となる赤ちゃんの名前の調査。女の子の名前は、2016年に引き続き、植物や自然をあらわす名前が人気の傾向で、2016年に2位だった「楓」が初めて1位に輝きました。男の子の名前1位の「湊」は過去2回、1位になった人気の名前で、2016年3位からランクアップして1位に返り咲きました。

2.春生まれの女の子の名前のよみ人気ランキングTOP 20!

◯1位は「さくら」、女の子も春の季節感溢れる“スプリングネーム”が人気
2018年3月、4月生まれの女の子4,532人のなかで、最も人気だった名前のよみは「さくら」でした。昨年の22位からの大躍進! 2位「こはる」(昨年48位)、6位「あかり」(昨年2位)など男の子の名前同様、春生まれの女の子も、春の季節感溢れる“スプリングネーム”の人気が高まる傾向にあることがわかりました。
「さくら」ちゃんは、1位「さくら」(44名)、2位「咲良」(34名)、3位「桜」(22名)の順に多い結果となりました。

3.春生まれの女の子に人気の名前・漢字ランキングTOP 10!

◯春の代表「さくら」が人気No.1!
2018年3月、4月生まれの女の子4,532人のなかで、一番多かった名前は昨年15位の「さくら」でした。昨年33位の「咲良」は2位、圏外だった「心春」や「桜」がTOP10に入ってきています。春の季節感を取り入れた名前は、春に人気急上昇するようですね。

◯「桜」「咲」「陽」「菜」など春感溢れる漢字が大躍進!
2018年3月、4月生まれの女の子の名前で最も多く使われた漢字は、「菜」でした。昨年6位からの急上昇です。春の代名詞「桜」はなんと47位から2位へと大きく伸び、3月、4月生まれのお子さんの名前として、特に好まれて使われていることがわかりました。昨年8位の「咲」が4位、13位の「陽」が10位にランクアップしています。

4.春生まれの男の子の名前のよみ人気ランキングTOP 20!

◯人気No.1は「はると」!春生まれベビーの名前は“スプリングネーム”が好まれる傾向が明らかに
2018年3月、4月生まれの男の子4,699人のなかで、最も人気だった名前は「はると」でした。この名前は2017年生まれの赤ちゃんの名前のよみランキングで3位、2016年は1位とここ数年で人気の名前となっています。
2018年3月、4月生まれの男の子のうち、146人が「はると」と名付けられており、2位を大きく引き離し断トツの人気でした。
そのほか、2位「はるき」、7位「はる」、12位「はるま」と、人気ランキングTOP20のなかに「はる」がつく名前が4つランクイン! 3月、4月生まれの男の子4,699人中、「はる」という読み方を含む名前のお子さんは合計376名いました。女の子と同様、春生まれの男の子に春を感じるあたたかい“スプリングネーム”をつける親御さんが多いようです。

5.春生まれの男の子に人気の名前・漢字ランキングTOP 10!

◯人気の漢字TOP3は不動の人気!
2017年生まれの赤ちゃんの名前の漢字ランキングTOP 10とほぼ同様、TOP3は変動ありませんでした。
ランク外ですが11位の「春」(88人)、12位「桜」(80人)といった、春らしい漢字も多くつけられており、100位以下だった2017年のランキングから大きく順位を上げました。

◯「陽翔」が人気No.1!季節感を取り入れた「陽」がつく名前が多い
人気の名前ランキングでは、「陽翔」が人気No.1でした。この漢字は、「はると、ひなた、ひろと、ひなと」の順に多く名付けられているようです。春らしい漢字のひとつ「陽」のつく名前がTOP10に3つランクインし、やはり春の季節感が反映される名付けが定番のようです。

調査概要


・調査対象:株式会社ベビーカレンダーが企画・運営している「ファーストプレゼント」「おぎゃー写真館」のサービスを利用された2018年生まれのお子さんの名前
・調査期間: 2018年3月1日〜2018 年 4月 15 日
・調査件数:9,231件(男の子:4,699人/女の子:4,532人)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP