ファンデーションに関する調査(20代女性対象) 

2018年03月02日
カネボウ化粧品は、20代女性100人を対象に、ファンデーションに関する調査を行いました。

【主な調査結果】

20代女性、ファンデーションはリキッド派が約6割・パウダー派が約4割!それぞれにこだわりが。
■普段メイクする女性に好きなファンデーションの形状を聞いたところ、「リキッドタイプ」が約6割(56.4%)、「パウダータイプ」が約4割(43.6%)という結果に。
■リキッド派がリキッドファンデを使う理由は「カバー力」(52.0%)「伸び」(40.0%)「密着感」(38.0%)。
パウダー派がパウダーファンデを使う理由は「さらさらの仕上がり」(66.0%)「軽やかな仕上がり」(56.0%)「厚塗りに見えない」(40.0%)が上位に。それぞれ仕上がりや使用感にこだわりがあるようです。

リキッド派もパウダー派も、ファンデーションに求めるのは「カバー力」と「厚塗りに見えない」こと
■リキッド派がファンデーションに求めることは「カバー力」(84.0%)や「厚塗りに見えない」(70.0%)に加えて、「伸びの良さ」(68.0%)や「みずみずしい使用感」・「密着感」(ともに60.0%)。
■パウダー派は「カバー力」(82.0%)「厚塗りに見えない」(78.0%)「さらさらの仕上がり」(74.0%)を重視。リキッド派とパウダー派、どちらもファンデーションに対して「カバー力」と「厚塗りに見えない」という、相反するニーズを持っていることがうかがえます。

リキッド派もパウダー派も、約8割が「自分に合うファンデがよくわからない」
■また、ファンデーションは「コストパフォーマンスが高いものを選びたい」(88.0%)リキッド派と、「ファンデーションは手軽に使えるものが良い」(96.0%)パウダー派と意見が割れましたが、どちらも8割が「自分に合うファンデーションがよくわからない」と答えています。それぞれ、理想のファンデーションを求め続ける実態が明らかになりました。

【調査結果】

いつものファンデーション あなたはリキッド派 パウダー派?

・ファンデーションはリキッド派が約6割・パウダー派が約4割!
 普段からメイクをすると答えた20代の女性10,000人のうち84.1%の8,410人を対象に、どのような形状のファンデーションが好きか聞いたところ、「リキッドタイプ」が約6割(56.4%)、「パウダータイプ」が約4割(43.6%)となり、リキッド派がやや多い結果となりました[図1]

・ファンデーションの選び方、リキッド派は「カバー力」、パウダー派は「さらさらの仕上がり」を重視
 上記8,410人よりリキッド派・パウダー派の20代女性50人ずつ、計100名を対象に、それぞれファンデーションを選んだ理由を聞いてみました。リキッド派は「カバー力が高い」(52.0%)、「伸びの良さ」(40.0%)、「密着感がある」(38.0%)が上位にあげられており[図2-1]、パウダー派は「さらさらの仕上がり」(66.0%)、「軽やかな仕上がり」(56.%0)、「厚塗りに見えない」(40.0%)を重視しています[図2-2]。それぞれ仕上がりや使用感に好みがわかれ、こだわりがあることがわかりました。

・リキッド派もパウダー派も、ファンデーションに求めるのは「カバー力」と「厚塗りに見えない」こと
 リキッド派は「伸びの良さ」「つややかな仕上がり」を、パウダー派は「さらさらの仕上がり」「軽やかな仕上がり」を重視
 ファンデーションを選ぶ基準を聞くと、リキッド派もパウダー派も、「カバー力が高く」「厚塗りに見えない」ことを最も重視しています。
 また、リキッド派はパウダー派よりも「伸びの良さ」(68.0%)や「みずみずしい使用感」(60.0%)を[図3-1]、パウダー派はリキッド派よりも「さらさらの仕上がり」(74.0%)をより重視しており、両者の違いが見られます[図3-2]。

リキッド派もパウダー派も約8割が「自分に合うファンデがよくわからない」

・リキッド派もパウダー派も、どちらも8割が「自分に合うファンデーションがよくわからない」とお悩み中
 次に、ファンデーションに関する意識について聞いてみました。リキッド派は、「ファンデーションもコストパフォーマンスが高いものを選びたい」(88.0%)、「ファンデーションは、自分に合うものをいろいろ試したい」(86.0%)、「ファンデーションは手軽に使えるものが良い」(82.0%)などが上位にあげられました[図4-1]。一方パウダー派は、「ファンデーションは手軽に使えるものが良い」(96.0%)、「メイクの中でもベースメイクは特に重視している」(90.0%)、「ファンデーションもコストパフォーマンスが高いものを選びたい」(88.0%)などが上位となっており、コスパ重視のリキッド派と、手軽さ重視のパウダー派で、ファンデーションに対する意識の違いが見られました[図4-2]。

 リキッド派とパウダー派を比較すると、リキッド派は「話題の新商品はチェックしておきたい」(リキッド派54.0%>パウダー派38.0%)、「メイクのトレンドに合わせて、ベースメイクも変えたい」(リキッド派32.0%>パウダー派18.0%)などトレンド志向が高く、パウダー派は「メイクの中でもベースメイクは特に重視している」(リキッド派72.0%<パウダー派90.0%)、「ファンデーションは手軽に使えるものが良い」(リキッド派82.0%<パウダー派96.0%)など定番志向が強くなっています。
 リキッド派にもパウダー派にもそれぞれ良いところがある反面、悩みもあるようで、両者ともに8割が「自分に合うファンデーションがよくわからない」(リキッド派80.0%=パウダー派80.0%)と答えています。


【調査概要】
調査時期:2018年2月16日(金)~18日(日)
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の20代女性100人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP