中古住宅購入に関する意識調査(中古住宅の購入を3年以内に検討した経験のある東名阪エリアの30代以上の男女対象) 

2018年03月01日
住宅メーカー7社が合同で運営するサイト「イエノミカタ」と総合情報サイト「All About」を運営するオールアバウトは、中古住宅の購入を検討した経験のある東名阪エリアの30歳以上の男女661名を対象に、中古住宅購入に関する意識調査を共同で実施しました。

【調査結果のポイント】

■中古住宅のメリットは「価格の安さ」、「立地条件」が挙げられる一方、「隠れた不具合」、「設備の老朽化」に対する不安も存在。

■中古住宅に対する不安を解消するため、「過去のメンテナンス・リフォーム履歴」や「定期点検の結果」など事前に何らかの情報開示をしてほしいニーズは9割超。

■7割の人が購入を検討する中古住宅がどの建築会社によって建てられたかを考慮しており、そのうち約8割が”大手ハウスメーカー”が建てた家であることを希望。

■建てた会社を考慮する理由は「品質が一定で安定している」、「住宅性能が高い」ことを重視しているから。

【調査結果】

■中古住宅のメリットは「価格の安さ」、「立地条件」が挙げられる一方、「隠れた不具合」、「設備の老朽化」に対する不安も存在。
過去3年以内に中古住宅の購入を検討したことがある男女661名に対し、中古住宅のどういった点に魅力を感じたか尋ねたところ、「手ごろな価格である」(75.2%)が最も多く、ついで「立地条件がよい」(43.7%)が挙げられました。新築住宅と比較して価格面での優位性が一番のメリットとされているほか、立地条件の優れた物件が支持されているようです。【グラフ1】

一方、中古住宅の購入を検討する際、不安に思った点や、それがネックになって購入を見送った点がないか尋ねたところ、「隠れた不具合の有無」、「設備の老朽化」(59.6%)がともに6割近くで最多となり、「リフォーム費用」(52.6%)を上回る結果になりました。4位に「耐震性などの住宅性能」(45.1%)が挙げられることから、目に見えない部分に対する消費者の不安が浮き彫りになる結果となりました。【グラフ2】

■中古住宅に対する不安を解消するため、「過去のメンテナンス・リフォーム履歴」や「定期点検の結果」など事前に何らかの情報開示をしてほしいニーズは9割超。
中古住宅を購入するとき、基本情報に付随して開示されていると安心だと思う情報が何かを尋ねたところ、「過去のメンテンナンス・リフォーム履歴」(69.1%)が7割近くと最も多く、ついで「定期点検の結果」(64.6%)、「耐震性能の有無」(62.8%)、「新築時の設計図や設備」(55.4%)となりました。「特にない」と回答した人がわずか2.7%になったことから、9割以上の方がメンテナンス履歴や性能面における何らかの情報開示を事前に求めているが明らかになりました。【グラフ3】

■7割の人が購入を検討する中古住宅がどの建築会社によって建てられたかを考慮しており、そのうち約8割が”大手ハウスメーカー”が建てた家であることを希望。
また中古住宅の購入を検討した際、どの建築会社によって建てられたのか考慮した経験があるかを尋ねたところ、「考慮した」(31.0%)、「どちらかというと考慮した」(35.4%)を合わせると、実に7割近くの人が中古住宅においても、元の建築会社がどこだったのかを選定条件にしていることがわかりました。【グラフ4】

さらに、考慮したことがある439名を対象に、具体的にどの建築会社によって建てられた中古住宅を検討したのかを聞いたところ、「ハウスメーカー(※1)」(77.4%)が最も多く、2位の「ハウスビルダー(※2)」(46.0%)と30ポイントも差がでる結果になりました。【グラフ5】
※1:日本国内全域又は広範囲の規模で展開する大手の住宅建設会社
※2:限られた都道府県内で展開する中規模の住宅建設会社

■建てた会社を考慮する理由は「品質が一定で安定している」、「住宅性能が高い」ことを重視しているから。
また、中古住宅においてどの建築会社が建てたかを考慮する理由についても尋ねたところ、「品質が一定で安定している」(58.3%)、「耐震性能など住宅性能が高い」(54.7%)が5割を超えました。家づくりの選択肢として人気が高まるものの、少なからず不安要素が残る中古住宅では、大手ハウスメーカーの品質管理や性能面での安心感が支持されていると言えるでしょう。【グラフ6】


【調査概要】
・調査日程:2017年11月2日(木)~11月9日(木)
・調査対象:中古住宅の購入を3年以内に検討した経験のある東名阪エリアの30代以上の男女
・有効回答者数:661名
・調査方法:インターネットリサーチ
・性別:男性391名(59.2%)、女性270名(40.8%)
・年齢:30代252名(38.1%)、40代215名(32.5%)、50代126名(19.1%)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP