「売却予定住宅のリフォーム」についての調査(住宅を売却予定の男女対象) 

2017年11月14日
不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するシースタイルは、11月18日の「住宅リフォームの日」(一般社団法人日本記念日協会認定)に合わせて、「スマイスター」を利用した住宅を売却予定の成人男女全国144人を対象に「売却予定住宅のリフォーム」についての調査を行いました。

【調査結果サマリー】

・ポイント1 アンケート全体の12.5%が売る前にリフォーム!
・ポイント2 売却住宅のリフォーム予算・費用は50万~100万円未満が28.8%で最多。
・ポイント3 リフォームしたい場所は水回りと壁。

【調査結果】

【約1割が既に住宅をリフォーム済み!】

スマイスターを利用した住宅の売却予定者に「住宅の種類」を聞いたところ、『戸建て』76.4%、『マンション』23.6%となりました。つづけて「その住宅を売却前にリフォームするか?」を聞きました。『リフォームしない』63.9%が最も多く、『検討中』23.6%、『リフォームした』8.3%、『リフォームする予定』4.2%となりました。

【約半数がリフォーム代は『100万円未満』に抑えたい】

つぎに住宅をリフォームしてから売却と考えている人に「リフォームの予算・費用は?」というお金の事情をうかがいました。多かったのは『50万円以上100万円以下』28.8%と『50万円未満』17.3%で、約半数の人が100万円未満に抑えたいと考えていることがわかりました。その一方、『500万円以上』と答えた人が9.6%もいました。

【目につきやすい場所をリフォームして印象アップを狙う?】

さらに「リフォームしたい場所」を聞きました。1位は『バスルーム』42.3%、2位『キッチン』40.4%、3位『壁』36.5%となり、約4割の人が水回りと壁のリフォームを考えていました。内覧時の印象を良くするためにも、汚れが目立ちやすい水回りや壁が人気と言えます。


「スマイスター調べ」

【調査概要】
調査期間:2017年10月18日~11月9日
調査手法:インターネット調査(任意でアンケートに回答)
集計数 :「スマイスター」を利用した住宅を売却予定の成人男女、全国144人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP