IT投資動向に関する国内CIO調査 

2017年07月04日
IT専門調査会社 IDC Japanは、国内企業および団体1,197社のCIOまたはそれに準ずる人を対象としてIT投資動向に関する調査を行い、その結果を発表しました。

2017年度の国内企業のIT支出計画は、全体では前年比で「変わらない」とする企業が60%以上を占めています。しかし大企業では「増加」が「減少」だけでなく「変わらない」をも上回り、業務拡大などを背景にIT投資が活発化していることを示しています。産業分野別でも、金融をはじめ大企業の比率が高い産業分野を中心にIT支出の増加傾向が強くなっています。

【調査結果】

・2017年度の国内企業のIT支出は、大企業で「増加」が「減少」「変わらない」を上回る
・引き続き「セキュリティ」が最優先のIT投資領域だが、2017年度計画ではAIにも注目
・大企業を中心に、社内ITインフラ/システムの運用や開発の内製化が進行
・大企業/中堅企業を中心に、ユーザー部門独自のAIやIoTに対する投資が活発化

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP