AI・チャットボットに関しての意識調査 

2017年06月22日
AI・コグニティブソリューションのアイアクトは、2017年5月において「AI・チャットボットに関しての意識調査」を実施いたしました。

【調査概要】
調査名:「AI・チャットボット」に関しての意識調査
調査日:2017年5月23日、5月30日の2日間
調査対象:アイアクト主催セミナー参加・アンケート回収者(n=96)
設問項目:全14問

<調査結果トピックス>

●15%以上の企業が「AI導入予算」を見込む。
既にAI導入に対して予算化している企業が15%以上、500万円以内の予算を見込んでいる企業が約4割。

●チャットボット、「気を遣わずに問い合わせできる」が圧倒的。
問い合わせる必要が生じた際、時間の制約がないチャットボットサービスが使いやすいという結果に。

●チャットボット経験と興味の差
チャットボット利用経験層はチャットボットに高い興味を持っている割合が多く、エンゲージメント形成よりも的確な回答を得られる実用性が重要視されている。

<調査結果>

◆自社にAIを導入したいと考えていますか?(それはいつ頃でしょうか)
時期を決めて導入検討をはじめている方も20%弱、時期未定としながらも関心を持っている方が多いようです。

◆現在、自社にAIに関する人員はいますか?
約1割の企業がAIに関する人員を確保していることがわかりました。

◆AIに関する予算を見込んでいますか? 
◆想定される予算は?
15%以上の企業がAIに関する予算を見込んでいる結果に。今年中にも各企業で予算化・プロジェクト化がすすむ兆しです。

◆チャットボットに興味がありますか?
チャットボットに興味がある方が8割弱。身近なサービスとなってきたことを示しています。

◆チャットボットを使ったことがありますか?
使ったことがある方が約半数となり、各社サービスが市場に普及してきた結果といえるでしょう。

◆チャットボットをどんなシーンで使ったことがありますか?
カスタマーサポートでの利用が圧倒的多数となりました。

◆チャットボット利用で課題を感じだことは何ですか?
チャットボットを利用したことがある方で課題を感じた部分は、「的確な回答ではない」「会話が不自然」などの回答が多い結果に。

◆チャットボット利用で良いと感じたことはなんですか?
チャットボットを利用したことがある方で良いと感じた部分は、「気を遣わずに問い合わせできる」が多数を占める結果に。

◆チャットボットはどのタイプを利用したいですか?
まだ様々な形態でのチャットボット利用まではすすんでいないという状況が伺えました。

◆どのような業務にチャットボットを適用したいと考えていますか?
マーケティングの業務に適用したい方が多数という結果に。

◆チャットボットで実現しようとしているのは?
コスト削減と生産性向上を実現したい方が多数という結果に。

◆AIやチャットボットに関しての感想や今後期待することがありましたらご自由にお書きください。
・データ量の多い公共系サイトやオープンデータの使用ビジネスにもAIが使えそうです。サイト検索以外にも活用できそうです。
・LINEライブ上のトーク分析
・AIの導入でWebサイトの改善や定型業務の効率化を図りたい。
・現在は人材の採用での実績があるようですが、人材開発・制度コンサルティング・労務管理(社労士領域含む)年金なども今後の発展があると感じました。
・現状のAIについて知ることができました。具体的にどうするかは検討していきたいと思います。

<調査結果分析・まとめ>

◆チャットボット経験と興味の差
チャットボット利用経験層はチャットボットに高い興味を持っている割合が多いことが伺えます。

◆どんな経験が興味を生むのか?
興味なし層と比べ、興味あり層は、カスタマーサポートの経験が非常に多く、その次にコミュニケーションツールと続いています。
コミュニケーションツールによる会話が成り立つ面白さよりも、チャットボットを相手にした「質問→回答」を経験し実用メリットを体感することで、関心度が醸成される傾向があります。

エンターテイメント的なエンゲージメント形成よりも、気を使うこともなく時間を選ばない、的確な回答を得られる新しいサービスとしてチャットボットが期待されています。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP