単身・独身女性の意識調査(20歳~59歳独身及び既婚男女対象) 

2016年12月13日
博報堂は、2014年8月に「ソロ活動系男子(通称:ソロ男<だん>)研究プロジェクト」を設立し、自由で自立したライフスタイルを謳歌する単身・独身男性を研究しています。このたび、「ソロ活動系女子(ソロ女)」について意識調査を実施し、興味深い結果が得られましたのでお知らせいたします。

10月末に総務省より発表された国勢調査では、女性の生涯未婚率が14.1%(配偶関係不詳を除く)と過去最高値を記録しており、男性に加え女性の独身・単身世帯数も今後ますます拡大していくと推測されます。

今回、独身20代~50代女性を調査した結果、ソロ男同様【自由・自立・自給】の価値観を重視する「ソロ女」が42.8%を占めること、また、結婚生活で愛よりお金を重視していること、恋愛は面倒くさいと思っていること、自己有能感はあるのに自己肯定感が低いことなど、「ソロ女」は「ソロ男」と生活意識・消費意識によく似た特徴があることがわかりました。

【調査結果サマリー】

■単身・独身女性の42.8%が「ソロ女」。既婚女性でも32.7%が「隠れソロ女」。

■お金があれば愛はいらない?!ソロ女。
結婚生活で「愛よりお金の方が大事だ」と回答したソロ女が、「愛が大事だ」と回答したソロ女の2倍以上。

■65%のソロ女が「恋愛は面倒くさい」。
「恋愛は面倒だ」とソロ女の65.2%が回答。既婚女性の28.2%を大きく引き離す。

■高給を求めるソロ女。でも、責任ある地位にはつきたくない。
「高い給料」を求めるソロ女は37.8%で、既婚女性の27.4%を大きく上回る。でも、「気楽な地位にいたい」と57.6%のソロ女が回答。

■自己有能感はある。でも自己肯定感が低いソロ女。
「自分には他の人にはない特技や才能がある」と42.7%のソロ女が回答。既婚女性では27.4%。でも、「自分のことが好き」な割合は、ソロ女・44.2%、既婚女性・52.4%と逆転。

■お酒好き、ビール好き、ワイン好きなソロ女。
既婚女性よりお酒を飲むソロ女。特に、生ビール・ワインで高い数値を確認。

【調査結果】

■単身・独身女性の 42.8%が「ソロ女」。既婚女性でも 32.7%が「隠れソロ女」。
・単身・独身女性および既婚女性に、「ソロ男」の特徴である「私は束縛されないで自由に過ごしていきたい方だ」 「私は(家族がいても)一人で過ごす時間を確実に確保したい方だ」 「私は(家族がいても)誰かにあまり頼らず生きていける方だ」と思うか尋ねたところ、以上の三問全てに「そう思う」「ややそう思う」と回答した単身・独身女性対象者(=「ソロ女」)は 42.8%でした。一方、既婚女性に同じ質問をしたところ、32.7%という結果で、結婚しているソロ女(=「隠れソロ女」)も一定数いることがわかります。
・なお、同じ調査を単身・独身男性および既婚男性にすると、独身・単身男性対象者(=「ソロ男」)は 42.4%、既婚男性対象者(=「隠れソロ男」)は 32.4%で、それぞれ女性における割合とほぼ同じでした。

※なお、以降のページにおける調査結果では、
“単身・独身女性における「ソロ女」”=「ソロ女」、“既婚女性における「非ソロ女」”=「既婚女性」
“単身・独身男性における「ソロ男」”=「ソロ男」、“既婚男性における「非ソロ男」”=「既婚男性」
として表記しています。

■お金があれば、愛はいらない?!ソロ女。
・結婚生活では「愛」か「お金」かどちらが大事と思うか尋ねたところ、「愛が大事」と答えたソロ女は 17.3%、「お金が大事」と答えたソロ女は 37.0%でした。
・一方の既婚女性は、「愛が大事」が 37.1%、「お金が大事」が 16.9%で、ソロ女と割合が逆転しています。

■65%のソロ女が「恋愛は面倒くさい」。
・「恋愛は面倒だ」と思うか尋ねたところ、ソロ女の 65.2%が「あてはまる」と回答、既婚女性の 28.2%を大きく引き離す結果となりました。

■高給を求めるソロ女。でも、責任ある地位にはつきたくない。
・「高い給料」か「休みがたっぷり」、どちらを求めるか尋ねたところ、「高い給料」を求めると答えたソロ女は 37.8%、「休みがたっぷり」と答えたソロ女は 32.7%でした。「高い給料」と答えた割合は、ソロ女・ソロ男・既婚女性・既婚男性の中でもソロ女が最も高くなっています。
・一方、「気楽な地位」か「責任ある地位」、どちらがよいかを尋ねると、「気楽な地位」と答えたソロ女は 57.6%。
「責任ある地位」と答えたソロ女は 19.7%に留まりました。高い給料は欲しいけれど、責任ある地位にはつきたくない、ソロ女の姿が浮かび上がっています。

■自己有能感はある。でも自己肯定感が低いソロ女。
・「自分には他の人にない特技や才能がある」と思うか尋ねたところ、ソロ女の 42.7%が「あてはまる」と回答、既婚女性は 27.4%でした。ソロ女・ソロ男・既婚女性・既婚男性の中で、ソロ女が最も高い割合です。
・一方、「自分のことが好き」か尋ねると、「あてはまる」ソロ女は 44.2%、既婚女性では 52.4%という結果となりました。有能でない自分は肯定できない、という自分に厳しいストイックなソロ女像が浮かび上がります。

■お酒好き、ビール好き、ワイン好きなソロ女。
・普段どのようなお酒を飲むかを尋ねると、特に、生ビール・ワインで高い数値を確認しています。全体を通じて既婚女性よりソロ女がお酒を飲んでいることがわかりました。


【調査概要】
実施時期: 2016 年 8 月
調査方法:インターネットリサーチ
対象者: 20 歳~59 歳独身及び既婚男女
対象エリア: 1 都 2 県(東京都・神奈川・埼玉県)在住者
サンプル数: 520 人(ソロ女 147 人、ソロ男 125 人、既婚女性 124 人、既婚男性 124 人)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP