2015年度(2015年4月~2016年3月)の動画広告出稿状況 

2016年06月29日
ビデオリサーチインタラクティブは、2015年4月より開始した動画広告の広告統計サービスをもとに、2015年度(2015年4月~2016年3月)の動画広告出稿状況について取りまとめました。

今回の結果は、当社独自基準に基づいて収集・DB化した、PCの動画広告やバナー広告などの広告統計サービス「Web Ads Report Advance」、スマートフォン広告のデータベースサービス「SmartPhone Ads Report」、及び株式会社ビデオリサーチ社の「テレビ広告統計(関東地区)」をもとにまとめたものです。

<結果の主なポイント>

●2015年度にPC動画広告を出稿した広告主数は、1,671社。
その1,671社のうち、同じPCデバイスのバナー広告にも出稿のあった広告主は1,178社(動画広告出稿社中70%)であった。同じく、スマートフォン広告に出稿したのは886社(同53%)、テレビCM出稿社は659社(同39%)となっている。
また、動画広告に出稿した1,671社中、PCバナー広告・スマートフォン広告・テレビCMのいずれも広告出稿している広告主は499社(同30%)となった。

●動画広告出稿社数の業種別シェアをみると、“旅行・観光”“レジャー”“官公庁”などを含む「他のサービス」が34%と最も多くを占め、次いで「製造業」23%、「IT業種」12%が続く。バナー広告・スマートフォン広告の業種別シェアと比較すると、動画広告では「製造業」のシェアが高く、逆に「IT業種」「専門店(小売)」のシェアが低い傾向にあることがわかる。

●次に、動画広告出稿銘柄の商品種類別に推定出稿量をみると、「官庁・地方自治体」が最も多く、以下「輸送用機器 企業PR」「コンピューター(ハード) 企業PR」が続く。バナー広告の推定出稿量ランキングと比較すると、特に「邦画」「洋画」といった映画案内のランクアップぶりが目立っている。

●最後に、関東地区テレビCM出稿社の動画広告出稿状況をみてみる。当該期間にテレビCMを出稿したのは計1,922社であり、そのうち約1/3の広告主が動画広告に出稿したことになる。これをテレビCM出稿量上位1,000社に絞ると半数になり、さらに上位100社に絞ると87%までが動画広告にも出稿しており、テレビCM出稿量が多いほど、動画広告を出稿する割合が高い傾向にある。

※上記は広告主単位 / 商品種類単位でのマッチング結果であり、訴求ブランドや表現内容、出稿期間の同一性によるマッチング結果ではありませんので、ご留意ください。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP