おせち料理と正月に関する意識調査(20~60 歳代男女対象) 

2015年11月27日
全国農業協同組合中央会(JA全中) は、20~60 歳代の男女 1,000 人を対象に、「おせち料理と正月 に関する意識調査」を実施しました(サンプル数=1,000 人、調査方法=インターネット、期間:平成 27 年 10 月 9 日~10 月 12 日)。

【調査結果】

○お正月におせち料理を食べる人は約 8 割

お正月におせち料理を食べているかを聞いてみると、「必ず食べる」40%、「だいたい食べる」29%、 「たまに食べる」14%で、約 8 割の人がおせち料理を食べている結果となりました。おせち料理を食 べる理由は、「お正月に食べる習慣になっているから」が 69%でした。

○おせち料理が世界に誇れる点は「現在でも広く食べられている伝統料理」 「見た目がきれい、美しい」

おせち料理について、素晴らしいと思う点や世界に誇れることについては、「現在でも広く食べられ ている伝統料理である」が 42%、「見た目がきれい、美しい」が 41%、「縁起の良いいわれがある」が 36%と続き、日本古来の食文化として重んじられている様子がうかがえます。

○おせち料理は「家族だんらんにつながる」約 8 割

おせち料理を家族一緒に食べることで家族だんらんにつながると思うかと聞いたところ、「そう思 う」38%、「ややそう思う」38%で、約 8 割の人がつながると考えていました。

○おせち料理は「手作り&購入」派が約 6 割で、2 年前と同程度 今後も作り続けたい人は約 8 割

おせち料理を手作りしているかについては、「全て手作り」が 6%、「ほとんど手作り、一部購入」 27%、「ほとんど購入、一部手作り」30%で、「手作り&購入」派が約 6 割を占めました。この結果は 2 年前に実施した調査結果と大きな変化はなく、無理のない範囲で手作りをして、わが家の味を楽しん でいる家庭が依然として多いことが分かります。また、おせち料理を自分で手作りしている人の中で、 今後も作り続けたいと回答した人は約 8 割を占めました。

○「正月の家事負担を軽減し、家族でゆったり過ごせる習慣」として、約 7 割が評価

おせち料理は、お正月の家事負担が軽減し家族でゆったり過ごせる習慣として良いと思うか、とい う質問に対しては、「そう思う」24%、「ややそう思う」42%で、約 7 割が評価する結果となりました。

おせち料理は、日々忙しい女性を、せめてお正月くらいは休めるように年末から料理を作って家事 から解放しようという習慣が継承されているそうです。現在でも約 8 割が食べている世界に誇れる日 本の伝統料理。これからも無理のない範囲で手作りして、様々な願いが込められた縁起物のおせち料 理を囲みながら、正月三が日は家族とゆっくり過ごしたいですね。


「JA全中調べ」

【調査概要】
調査名:おせち料理と正月に関する意識調査
調査方法:WEB モニターによるアンケート
対象:20~60 歳代男女
実施期間:平成 27 年 10 月 9 日~10 月 12 日
サンプル数:1,000 人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP