年末のビジネスパーソンの「冷え」に関する調査 

2013年12月18日
養命酒製造は、年末のビジネスパーソンの「冷え」に関する調査というテーマで、インターネット調査を行い、20歳~59歳の有職男女 1,000 名の有効回答を回収した。

【調査結果サマリ】

【ビジネスパーソンの過酷な現状】
・ビジネスパーソンの 2 割強が「仕事の持ち帰り」あり、半数が「休日出勤」あり
・「ストレス過多」なビジネスパーソンは 7 割強
・「ケータイ・スマホ使い過ぎ」5 割半

【冷えを感じやすいビジネスパーソンのタイプは?】
・男性ビジネスパーソンの 3 人に 1 人が“冷え人”、女性では 7 割強
・若い人ほど冷え症の傾向 20 代では 3 人に 2 人が冷えを感じている
・できれば働きたくない人の 6 割強が冷え人 バリキャリ派は冷えを感じづらい?
・“仕事持ち帰り族”の冷え人率 6 割
・ケータイ・スマホの使い過ぎ、ストレス過多のビジネスパーソンに“冷え”注意報

【冷え対策と体質改善】
・冷え対策 1 位は「重ね着」
・「冷えの有効な対策が見つかっていない」3 割
・冷え人の 9 割弱が「体の内からケアしたい」 冷え対策がない方では 9 割強

【冷えと体の不調のカンケイ】
・ビジネスパーソンを悩ませる体調不良 約半数が「胃腸の不調」感じる
・冷えと疲れは関係がある? 「疲れ」を感じている 冷え人の 9 割強
・「体の不調」を感じている 温もり人 5 割弱に対し、冷え人 7 割強

【ビジネスパーソンが求める温もりと癒し】
・ビジネスパーソンの心を温めた 2013 年の出来事 1 位は「楽天・田中投手」の活躍!
・働き女子が冷えた心を温めたいおもてなし 1 位は地方色豊かな「ゆるキャラ」によるおもてなし
・一年の疲れを癒し、冷えた心を温めてくれそうなタレント 1 位「壇蜜」さん
・働き女子が一年の疲れを癒しに、年末に温泉に一緒に行きたい 1 位「福山雅治」さん

【調査結果詳細】

◆ ビジネスパーソンの 2 割強が「仕事の持ち帰り」あり、半数が「休日出勤」あり
◆ 「ストレス過多」なビジネスパーソンは 7 割強
◆ 「ケータイ・スマホ使い過ぎ」5 割半


多忙を極めるビジネスパーソン。時間外労働をすることもまれではない、という人もいるのではないでしょうか。
20 歳~59 歳の有職男女 1,000 名に日頃の仕事における時間外労働の状況について聞いたところ、「仕事の持ち帰り」が『ある』(よく+時々)人は 2 割強(23.2%)、「深夜残業」は 3 割(29.6%)、「休日出勤」は約 5 割(48.3%)の方が『ある』としました。ビジネスパーソンが激務に追われている様子が窺えます。
また、最近の生活の状況についても聞いたところ、「ストレス過多」に『あてはまる』(非常に+やや)方の割合は7 割強(71.5%)、「ケータイ・スマホの使い過ぎ」は 5 割半(56.5%)、「パソコンの使い過ぎ」は 6 割強(63.5)の方が『ある』としました。ビジネスパーソンは心身ともに酷使しているようです。

◆ 男性ビジネスパーソンの 3 人に 1 人が“冷え人”、女性では 7 割強
◆ 若い人ほど冷え症の傾向 20 代では 3 人に 2 人が冷えを感じている
◆ できれば働きたくない人の 6 割強が冷え人 バリキャリ派は冷えを感じづらい?
◆ “仕事持ち帰り族”の冷え人率 6 割
◆ ケータイ・スマホの使い過ぎ、ストレス過多のビジネスパーソンに“冷え”注意報


まず、全回答者(1,000 名)に、“冷え”を感じているか聞いたところ、『感じている』(非常に+やや)割合は、5 割半(54.5%)となりました。
冷えを『感じている』割合を男女別でみると、男性では 3 人に 1 人(35.6%)、女性では 7 割強(73.4%)となっています。筋肉量やホルモンバランスの差から、女性は男性よりも冷えやすいと言われています。しかし、男性も 3 人に 1 人は冷えに悩む“冷え人”という結果になりました。
また、冷えを『感じている』割合を年代別でみると、20 代では 6 割半(65.6%)と、3 人に 2 人の割合となった一方、50 代では 4 割半(45.6%)となりました。若い方ほど冷えを感じている傾向にあるようです。
キャリア志向や働き方別でみると、どのようなビジネスパーソンが冷えを感じやすいのでしょうか。キャリア志向別に冷えを『感じている』割合を比較すると、バリバリ働きたい人(53.6%)や、そこそこ働きたい人(52.8%)よりも、できれば働きたくない人で冷えている割合が高く、6 割強(63.3%)となりました。仕事に対して情熱を燃やし、バリバリ働く“バリキャリ派”は冷えを感じづらい、ということでしょうか。
次に、時間外労働の状況別に比較すると、仕事の持ち帰りを行うことがあると回答した“仕事持ち帰り族”では、冷えを『感じている』割合が 6 割(60.8%)に達しました。深夜残業や休日出勤など、数ある時間外労働の中で、プライベートな時間に仕事を持ち込む“仕事持ち帰り族”は、冷えを感じやすいようです。
さらに、最近ストレス過多だと感じる方(59.1%)やケータイ・スマホの使い過ぎだと感じる方(60.8%)、パソコンの使い過ぎだと感じる方(57.1%)、食べ過ぎ・飲み過ぎだと感じる方(57.4%)なども、冷えを『感じている』割合が全体(54.5%)に比べて高くなっています。これらの状態に該当する、という方は、“冷え”の症状が起こりやすい恐れがあります。

◆ 冷え対策 1 位は「重ね着」
◆ 「冷えの有効な対策が見つかっていない」3 割
◆ 冷え人の 9 割弱が「体の内からケアしたい」 冷え対策がない方では 9 割強


それでは、冷えを感じている方は、何か対策を講じているのでしょうか。
冷えを感じている方(545 名)に、有効な対策が見つかっているかどうか聞いたところ、「見つかっていない」割合は 3 割(29.4%)でした。残念ながら、有効な対策を見つけられていない方は決して少なくない割合となりました。
一方、有効な対策が見つかっていると回答した方(385 名)が講じている対策のうち、最も多かったのは「重ね着」(31.4%)でした。着込むことで、冷えた体からこれ以上熱が逃げていかないようにする、ということでしょうか。
しかし、冷えは一時的な寒さだけではなく、体質によるものと言われています。体質を改善することで、根本的な解決につながることもあります。冷えを感じている方(545 名)のうち、体質改善をして体の内からケアしたいと『思う』(非常に+やや)割合は、9 割弱(88.5%)となりました。特に、冷えに対する有効な対策が見つかっていない方では体の内からケアしたいと『思う』割合が高く、9 割強(92.5%)となりました。体の内から冷えを治したい、というビジネスパーソンの心境が窺えます。

◆ ビジネスパーソンを悩ませる体調不良 約半数が「胃腸の不調」感じる
◆ 冷えと疲れは関係がある? 「疲れ」を感じている 冷え人の 9 割強
◆ 「体の不調」を感じている 温もり人 5 割弱に対し、冷え人 7 割強


ところで、冷え以外にも体調不良はあります。多忙なビジネスパーソンは、体調を崩してしまっている、ということはないのでしょうか。全回答者(1,000 名)に、体の不調についての質問を行いました。
胃腸の不調を感じているかどうか聞いたところ、『感じている』割合は約 5 割(48.6%)となりました。また、胃腸以外の体の不調を『感じている』と回答した割合は約 6 割(61.1%)となりました。さらに、疲れを『感じている』割合は 9 割弱(87.1%)となりました。ビジネスパーソンは冷え以外にも様々な体調不良を感じているようです。
それでは、“万病のもと”とも言われる冷えは、これらの不調に影響を与えているのでしょうか。胃腸の不調を『感じている』割合を、冷えを感じている方と感じていない方で比較すると、冷えを感じていると回答した“冷え人”では 6 割(59.1%)、冷えを感じていないと回答した“温もり人”では 3 割半(36.1%)となっています。冷えは、胃腸の不調に対して影響しているのではないでしょうか。また、疲れを『感じている』割合について比較すると、冷え人が疲れを感じている割合は 9 割強(93.1%)となり、温もり人(80.0%)より高くなりました。
そして、今回質問した項目の中で、最も大きな差が見られたのは胃腸以外の体の不調で、『感じている』割合は冷え人で 7 割強(72.1%)、対して温もり人では 5 割弱(47.9%)となりました。冷えと体の不調の関係を感じさせる結果となりました。

◆ ビジネスパーソンの心を温めた 2013 年の出来事 1 位は「楽天・田中投手」の活躍!
◆ 働き女子が冷えた心を温めたいおもてなし1位は地方色豊かな「ゆるキャラ」によるおもてなし
◆ 一年の疲れを癒し、冷えた心を温めてくれそうなタレント 1 位「壇蜜」さん
◆ 働き女子が一年の疲れを癒しに、年末に温泉に一緒に行きたい 1 位「福山雅治」さん


体は冷え、疲れがたまっていても、何かをきっかけに癒されて心は温かくなることもあります。
そこで、全回答者(1,000 名)に、冷えた心を温めた 2013 年の出来事を聞いた(複数回答形式)ところ、1 位は、「楽天・田中将大投手 開幕 24 連勝」(30.9%)でした。東北楽天ゴールデンイーグルスのエースの大活躍は、ビジネスパーソンの心に温かさをもたらしてくれたようです。特に、北海道・東北エリアに住む方では、4 割(40.6%)が田中投手の偉業で心が温まったと回答しました。2 位は「2020 年東京オリンピック開催決定」(28.2%)、3 位は「富士山の世界遺産登録」(20.0%)となり、日本全体が沸いたニュースにビジネスパーソンの心も温められたようです。

また、仕事で疲れ、冷えた心を温めるときに受けたいと思う「おもてなし」を聞いた(複数回答形式)ところ、1位は「ゆるキャラによる地方色豊かなおもてなし」(23.5%)でした。男女別でみると、女性の方が割合は高く、3 割(29.8%)がゆるキャラのおもてなしを選んでいます。
2 位は「美魔女による美肌効果の高いおもてなし」(15.3%)となりました。こちらは 20 代女性の支持を集め、4人に 1 人(26.4%)が、美肌効果の高いおもてなしを求めています。3 位は「天真爛漫な海女さんによる飾らず自然なおもてなし」(13.3%)となりました。ゆるキャラ・美魔女・海女さんと、ビジネスパーソンが受けたい「おもてなし」は多岐にわたるようです。
一年の疲れを癒し、冷えた心を温めてくれそうなタレントを聞いた(自由回答形式)ところ、1 位は「壇蜜」さん(30 件)でした。以下、2 位には「綾瀬はるか」さん(25 件)、3 位には「能年玲奈」さん(22 件)と、今年放映のドラマの主演女優が続きました。また、タレントではありませんが、今年世間をにぎわせた、ゆるキャラの「ふなっしー」さん(11 件)も 8 位に入りました。
男女別にみると、男性の回答の 1 位は「壇蜜」さん(26 件)で、女性の回答の 1 位は「向井理」さん(13 件)でした。また、一年の疲れを癒しに、年末に温泉に一緒に行きたいタレントを聞いた(自由回答形式)ところ、こちらでも1 位は「壇蜜」さん(58 件)でした。2 位も前問と同じく「綾瀬はるか」さん(28 件)となりましたが、3 位には「福山雅治」さん(15 件)がランクインしました。男女別のランキングでは、男性の回答の 1 位は「壇蜜」さん(49 件)、女性の回答の 1 位は「福山雅治」さん(15 件)となっています。


【調査概要】
・調査タイトル:年末のビジネスパーソンの「冷え」に関する調査
・調査対象:ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする20歳~59歳の有職男女 有職:会社員、派遣社員・契約社員、会社役員・経営者、専門職(医師、弁護士、会計士など)、公務員・団体職員
・調査期間:2013年11月22日~11月26日
・調査方法:インターネット調査(モバイルリサーチ)
・調査地域:全国
・有効回答数:1,000サンプル(有効回答から1,000サンプルを抽出)

その他、詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP