年賀状に関する調査(関東・関西) 

2013年12月12日
デジタルポストは、関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)、関西(大阪・京都・兵庫)の有職者700人・20歳~59歳を対象に「年賀状」をテーマとしたインターネットリサーチを実施。

【調査背景】
日本の年末年始行事の象徴でもある「年賀状」。毎年12月15日に引き受けが開始となる「年賀状」ですが、出す枚数や投函する時期などに地域差はあるのでしょうか? 今回は関東4都県、関西3府県の有職者700人に対して、「年賀状」に関する都道府県別比較調査を行いました。

【調査結果】

Q1. あなたは昨年、郵便での年賀状(2013年の年始に届くもの)を【親戚・家族】【友人・知人】【仕事関連の相手】に対して何枚出しましたか。(単数回答)【N=700】

【親戚・家族】、【友人・知人】、【仕事関連の相手】それぞれに対して出した年賀状の枚数をお聞きしたところ、どの相手に対しても「31枚以上」年賀状を送る方は比較的少ないようです。
【親戚・家族】への枚数にはあまりばらつきが見られなかったものの、【友人・知人】【仕事関連の相手】への枚数には地域差が見受けられました。また、全体的に関東よりも関西の方が枚数の多い選択肢を回答する傾向にあるようです。

Q2. あなたは昨年から今年にかけて、郵便での年賀状(2013年の年始に届くもの)について、いつごろ準備を始めましたか。(単数回答)【N=700】

昨年の年賀状の準備を始めた時期に関して、年賀状の引き受け開始日である12月15日までに準備を始めた方が最も多いのは「東京都」という結果になりました(「12月以前」「12月1日~12月15日」合わせて55.0%)。
また、12月15日までに準備を始めた方が最も少ないのは「埼玉県」という結果になっています(「12月以前」「12月1日~12月15日」合わせて37.0%)。

Q3. あなたは昨年から今年にかけて、郵便での年賀状(2013年の年始に届くもの)をいつごろ出しましたか。(単数回答)【N=700】

昨年の年賀状の投函時期に関して、郵便局が推奨する投函期限・12月25日までの投函率が最も高いのは「千葉県」でした(「12月14日以前」「12月25日」「12月16日~12月25日」合わせて55.0%)。
また、反対に12月26日以降の回答率が最も高いのは【Q2】同様「埼玉県」となり(「12月26日~12月28日」「12月29日~30日」「12月31日」「1月1日以降」合わせて63.0%)、埼玉県民の6割以上が推奨投函期限を過ぎてから年賀状を出していることがわかります。

Q4. あなたが昨年出した郵便での年賀状(2013年の年始に届くもの)の宛先について、最も多く出した都道府県、2番目に多く出した都道府県、3番目に多く出した都道府県はどこですか。(単数回答)【N=700】

最も多く年賀状を出した都道府県、2番目に多く出した都道府県、3番目に多く出した都道府県についてお聞きしたところ、上記の表のような結果となりました。
やはり全ての都道府県で、自らの都道府県に年賀状出した方が最も多いようです。
さらに2番目、3番目でも近隣の都道府県の回答数が高く、自らの都道府県以外には特に「東京都」「大阪府」といった大都市を擁する都道府県に年賀状を出す方が多いことがわかります。

※ランキングは、「最も多く出した」「2番目に多く出した」「3番目に多く出した」それぞれの設問に対して、最も回答を集めた都道府県を記載しています。

◆"幸福度"と年賀状の枚数に関連性?

あなたはご自身のことを幸せだと思いますか。(単数回答)【N=700】
今回の「年賀状に関する調査」にあたり、年賀状の傾向と都道府県民の”幸福度”の関連性を探るべく、合わせて都道府県別”幸福度”調査を行いました。

その結果、「そう思う」「どちらかといえばそう思う」合わせた回答率が最も高いのは86.0%で「神奈川県」、最も低いのは72.0%で「京都府」となりました。「神奈川県」は「そう思わない」回答率も3.0%と他都道府県と比べて最も低い結果となっています。

さらに”幸福度”と【Q1 仕事関連の相手に出す年賀状の枚数】を比較すると、幸福度の低い「京都府」は他都道府県よりも枚数の少ない「0枚」「1枚~10枚」の回答率が低く、枚数の多い選択肢の回答率が高い傾向にあることがわかりました。また幸福度の高い「神奈川県」は「0枚(仕事関連の相手には年賀状を出していない)」が22.0%と最も高くなっています。
仕事関連の相手に対する年賀状は何かと気を使わなければならず、その面倒さが幸福度を下げる結果となっているのでしょうか。


【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:昨年郵便での年賀状(2013年の年始に届くもの)を出した関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)、関西(大阪・京都・兵庫)の有職者男女・20歳~59歳
総回収数:700サンプル(東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/京都/兵庫、各100サンプル)
実施期間:2013年11月26日(火)~2013年11月27日(水)の2日間

その他、詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP