国内クライアント仮想化関連市場予測 

2018年06月25日

IT専門調査会社 IDC Japanは、国内クライアント仮想化関連市場予測を発表しました。同市場は、2022年には9,415億円まで拡大し、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は7.0%とIDCではみています。市場拡大の促進要因は、ワークスタイル変革、デジタルトランスフォーメーション(DX)重視型IT投資、インターネット分離対策(セキュリティ対策)です。

調査結果サマリー


  • 国内クライアント仮想化ソリューション市場は2022年に9,415億円まで拡大
  • 2022年までに、クライアント仮想化 利用ユーザー数は854万人まで拡大
  • クライアント仮想化サービス(Desktop as a Service)は2022年まで、年間平均成長率 25.2%で推移、Desktop as a Serviceの中ではプライベートクラウドDesktop as a Serviceが主流となる
詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP