キャッシュレス決済に関する調査(20歳~69歳男女対象) 

2018年06月29日

楽天リサーチは、「キャッシュレス決済に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2018年6月1日(金)から6月2日(土)の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。

調査結果


■男性20代・30代の4人に1人は「スマートフォンを利用した決済サービス(アプリを利用したもの)」を利用

(オンラインショッピングを除く)日常の買い物や飲食などで決済に利用する手段と、その中で最も利用する手段を聞いたところ、利用する手段(複数選択)では「現金」と回答した人の割合が90.0%で最も高く、「クレジットカード」(82.5%)、「商業系カード型電子マネー(nanaco、WAON、楽天Edyなど)」(43.4%)が続いた。
最も利用している手段も同様に、「現金」(47.8%)、「クレジットカード」(36.0%)、「商業系カード型電子マネー」(8.5%)が上位3位を占め、順位も変わらなかった。
決済に利用する手段を性年代別に見ると(複数選択)、「スマートフォンを利用した決済サービス(アプリを利用したもの)」において、男性20代で25.3%、男性30代で26.8%と、4人に1人が利用していることが分かった。

■「現金」を利用する理由は「現金以外の決済手段だとお金を使いすぎてしまうから」、「現金」以外を利用する理由は「ポイントが貯まるから」がトップ

最も利用する決済手段として「現金」を選択した人と、「現金」以外(「クレジットカード」、「デビットカード」、「カード型電子マネー」(「交通系カード型電子マネー」、「商業系カード型電子マネー」、「ポストペイ式カード型電子マネー」)、「スマートフォンを利用した決済サービス」、「銀行・郵便振込」)を選択した人それぞれに、その理由を聞いた。
「現金」を選択した人では、「現金以外の決済手段だとお金を使いすぎてしまうから」と回答した人が41.8%と最も多く、「現金以外の決済手段を使える場所が少ないから」(13.6%)、「現金以外の決済手段はセキュリティに不安があるから」(13.4%)が続いた。
「現金」以外を選択した人では、「ポイントが貯まるから」(86.2%)と回答した人が最も多く、次いで「スムーズに支払いできるから」(70.1%)、「現金以外の決済手段を使える場所が増えたから」(32.6%)となった。現金決済派において「特に理由はない」と回答した人は27.2%、対して現金以外派で「特に理由はない」と回答した人は3.1%であった。

■「カード型電子マネー」、「スマートフォンを利用した決済サービス」を利用した決済は1,000円未満の少額決済の割合が多い結果に

「クレジットカード」、「デビットカード」、「カード型電子マネー」、「スマートフォンを利用した決済サービス」、「銀行・郵便振込」を決済手段として利用する人に、1回あたりの平均的な支払額を聞いた。
「カード型電子マネー」、「スマートフォンを利用した決済サービス」では、1,000円未満の少額決済の割合が多く、「交通系カード型電子マネー」で7割以上、「商業系カード型電子マネー」、「ポストペイ式カード型電子マネー」、「スマートフォンを利用した決済サービス」で6割前後を占めることが分かった。
「クレジットカード」、「デビットカード」、「銀行・郵便振込」では、他の決済手段と比べて、支払額にばらつきが見られた。

■月に貯まるポイントは「分からない」と回答した人の割合が最も多い結果に

「現金」以外(「クレジットカード」、「デビットカード」、「カード型電子マネー」、「スマートフォンを利用した決済サービス」)の決済手段を利用している方に、月に貯まるポイントの平均額を聞いたところ、「商業系カード型電子マネー」を除き、「分からない」と回答している人の割合が最も多いことが分かった。「分からない」と回答した人を除くと、「クレジットカード」が1,185円と最も高く、「スマートフォンを利用した決済サービス」(585円)、「デビットカード」(539円)が続いた。

■一人当たりの「クレジットカード」平均所持数は2.9枚、「商業系カード型電子マネー」は平均2.0枚利用

決済に利用可能なカード(「クレジットカード」、「デビットカード」、「カード型電子マネー」)の所持枚数と、現在利用している「スマートフォンを活用した決済サービス」の種類数を聞いた。「クレジットカード」では「2枚」が27.9%と最も多く、「3枚」(23.5%)、「1枚」(20.0%)と続き、複数枚所持の割合が7割以上となった。
「商業系カード型電子マネー」は「クレジットカード」に次いで複数枚所持の割合が5割を超え、平均所持枚数は2.0枚だった。「デビットカード」、「交通系カード型電子マネー」、「ポストペイ式カード型電子マネー」、「スマートフォンを利用した決済サービス」では、「1枚(種類)」と回答した人がそれぞれ6割以上を占めた。

■利用している「カード型電子マネー」は「楽天Edy」、「nanaco」、「WAON」が上位3位

日常の買い物や飲食などでカード型電子マネー(「交通系カード型電子マネー」、「商業系カード型電子マネー」、「ポストペイ式カード型電子マネー」)を利用すると答えた人に、利用しているカード型電子マネーの種類を聞いたところ、「楽天Edy」(41.1%)、「nanaco」(39.1%)、「WAON」(38.5%)、「Suica」(31.4%)と続いた(注)。
(注)調査対象は楽天IDを保有する楽天リサーチモニターです。

■オートチャージ機能を使用している人は3割程度

チャージが必要になる電子マネー(「交通系カード型電子マネー」、「商業系カード型電子マネー」)を使用している人に、オートチャージ機能の使用状況を聞いたところ、「使っている」が33.9%、「使っていない」が62.8%だった。
性年代別に見ると、女性60代(44.0%)、男性50代(41.0%)でオートチャージを使っている人の割合が他の性年代と比べて多かった。最も使っている人の割合が少ないのは女性40代(23.6%)だった。

■オートチャージをするのは、チャージ残高が「3,000円未満」になった時が6割程度

電子マネーのオートチャージ機能を使用している人に、残額がいくらになった時にチャージするように設定しているかを聞いたところ、「1,000円未満」(22.3%)が最も多かった。次いで「2,000円以上~3,000円未満」(21.3%)、「3,000円以上~5,000円未満」(19.3%)となり、チャージ残高が3,000円未満になった時にチャージするように設定している人が、全体の6割程度いることが分かった。また、全体の平均額は3,387円となった。

■利用しているスマートフォン決済サービスは「楽天ペイ」、「Apple Pay」、「LINE Pay」が上位3位

日常の買い物や飲食などで「スマートフォンを活用した決済サービス」を利用している人に、利用しているサービスの種類について聞いたところ、「楽天ペイ」(48.0%)、「Apple Pay」(30.7%)、「LINE Pay」(20.0%)、「モバイルSuica」(19.3%)が上位に挙がった(注)。
(注)調査対象は楽天IDを保有する楽天リサーチモニターです。

■出かける際に所持する現金の平均金額は「5年前」と比べて「現在」の方が1,151円低い結果に

出かける際に所持する現金の金額を、「現在」と「5年前」それぞれについて聞いたところ、「現在」と「5年前」ともに「8,000円以上~1万円未満」(現在:17.9%、5年前:18.2%)が最も多かった。
1,000円以上~8,000円未満の選択肢では、「5年前」より「現在」の回答割合が多く、8,000円以上の比較的高額な選択肢では、「現在」より「5年前」の方が多かった。
平均金額では「現在」は15,115円、「5年前」は16,266円となり、「現在」の方が1,151円低かった。

■電子マネーやスマホ決済の利用場所、「医療機関」や「個人商店」で現実と理想に開き

「カード型電子マネー」または「スマートフォンを活用した決済サービス」を利用している人に、現在、どんな場所やサービスでこれらの決済サービスを利用しているかと、今後使用できたらいいと思う場所・サービスを聞いた。
現在利用している場所・サービスは「飲食店」(37.2%)が最も高く、以下「家電量販店」(26.3%)、「自動販売機」(23.3%)と続いた。今後使用できたらいいと思う場所・サービスでも同様に「飲食店」(33.5%)が最も高く、次いで「医療機関(病院・薬局など)」(27.2%)、「自動販売機」(25.8%)となった。
現在と今後で最も差が開いた項目は「医療機関(病院・薬局など)」で、「今後使用できたらいいと思う」が15.8ポイント高かった。その他、「個人商店(鮮魚店や青果店、精肉店、クリーニング店など)」(12.5ポイント差)、「各種税金」(11.1ポイント差)でも今後の使用意向が現在を上回った。

調査概要


調査エリア:全国
調査対象者:20歳~69歳 男女
回収サンプル数:1,000サンプル
調査期間:2018年6月1日から6月2日
調査実施機関:楽天リサーチ株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP