「家庭内でのワイシャツへの意識」についての調査(20歳~59歳の男女) 

2018年06月22日

はるやま商事は、全国の20歳~59歳の男女757名を対象に、「家庭内でのワイシャツへの意識」についての調査を実施いたしました。

調査結果サマリー


  • 8割の人がパートナーのワイシャツにアイロンをかけている!さらに3割の人が週1回以上アイロンがけをしている
    「あなたは配偶者(パートナー)のワイシャツのアイロンがけを行いますか?」と聞いたところ、8割以上がパートナーのワイシャツにアイロンをかけているという結果に。男性も約8割が経験。さらに、アイロンがけを『週に1回以上行う』人が一番多く37.4%。
  • 10人に1人がアイロンがけに15分以上費やしていることが判明!1年で約24時間がアイロンがけに費やされている
    アイロンがけに15分以上かけているという人は11.9%となり、10人に1人はアイロンがけに15分以上費やされていることが判明。これは1年で換算すると24時間(丸1日)アイロンがけに時間を取られていることになる。
  • 嫌いな家事代表「トイレ掃除」&「風呂掃除」の水回り2トップに挟まれ「アイロンがけ」が2位!主婦のアイロン嫌いが加速!
    「嫌いな家事」で『トイレ掃除』(38.0%)と『風呂掃除』(32.5%)に挟まれ、『アイロンがけ』(34.5%)が2位となった。
  • 夫が思う、妻が一番嫌いそうな家事は『料理』と『アイロンがけ』の2強!熟年妻は『アイロンがけ』にピリピリムード!?
    「妻(パートナー)が家事の中で最も嫌いだと感じていそうなもの」と聞いたところ、『料理』(15.6%)で1位となり、僅差で『アイロンがけ』(15.3%)が2位という結果に。
  • 夫に任せられない家事1位は「料理」!50代は「アイロンがけ」をやってほしくない人が圧倒的1位に!
    「夫(パートナー)に家事の中で任せられないと思うもの」を聞いたところ、1位は『料理』(44.2%)、2位は『アイロンがけ』(34.1%)、3位は『洗濯』『皿洗い』(21.7%)が同率となった。
  • クリーニング代は月1000円以内が最も多く3000円以上は1割に満たないという結果に。
    「月にワイシャツに使うクリーニング代」を聞いたところ、『500~1000円(35.4%)』がもっとも多く、『3000円以上(6.5%)』は1割に満たなかった。
  • 「家庭内の働き方改革」実現!?8割の主婦がノーアイロンシャツでアイロンがけのストレスから解放!
    ノーアイロンシャツを利用したことがある方を対象に「アイロンがけが軽減され、ストレスは軽減されましたか?」と聞いたところ、『はい』と答えた方が73.7%となり、ノーアイロンシャツが日々の家事ストレス軽減アイテムの1つとなっている。

調査結果


8割の人がパートナーのワイシャツにアイロンをかけている!
さらに3割の人が週1回以上アイロンがけをしている

自身も配偶者(パートナー)もワイシャツを着ている72人を対象に「あなたは配偶者(パートナー)のワイシャツのアイロンがけを行いますか?」と聞いたところ、『はい』と答えた人は86.1%となり、8割以上がパートナーのワイシャツにアイロンをかけているという結果に。男性にも同様の質問を行ったところ、78.9%が『はい』と回答する意外な結果となりました。このことから、妻(パートナー)のためにアイロンがけをしている男性も多いことがわかりました。さらに「あなたは日常的にアイロンを使用しますか?」という質問には、『週に1回以上行う』という人が37.4%と一番多いことがわかりました。

10人に1人がアイロンがけに15分以上費やしていることが判明!
1年で約24時間がアイロンがけに費やされている

「あなたはワイシャツのアイロンにはどのくらいの時間をかけますか? 」と聞いたところ、5分~10分未満が最も多く、45.3%となりました。また、アイロンがけに15分以上かけているという人は11.9%となり、10人に1人はアイロンがけに15分以上費やしていることが判明しました。また、男女別にみると、15分以上かけている人は女性が9.1%なのに対し、男性が13.9%と、男性の方がアイロンにこだわりを持っている人が多いという結果になりました。これは、週1回アイロンをかけた場合、1か月で換算すると2時間、1年で換算すると24時間(丸1日)はアイロンがけに時間を取られていることになり、多くの時間を費やしている現状が明らかになりました。

嫌いな家事代表「トイレ掃除」&「風呂掃除」の水回り2トップに挟まれ
たった5分しかやらなくても「アイロンがけ」が2位に!主婦のアイロン嫌いが加速!

「あなたが嫌いな家事」を聞いたところ、1位は『トイレ掃除』(38.0%)となり、3位の『風呂掃除』(32.5%)とともに、水回り掃除の2トップが上位に君臨しました。
そんな水回り掃除の間に挟まれ、嫌いな家事の2位となったのが前述の回答で所要時間5~10分が一番多かった『アイロンがけ』(34.5%)。ビジネスパーソンにとって、シワのないスーツやシャツを着用するのは最低限のマナーですが、『アイロンがけ』が嫌い・面倒という人が多数という結果となりました。嫌いな家事にアイロンがけを選んだ男性が30.0%であるのに対し、女性は42.2%となり、中でも50~59歳の既婚女性の54.1%がアイロンがけを選んでおり、男性よりも女性の方がアイロンがけに嫌悪感を抱いているという状況が如実に現れる結果となりました。前述の回答をふまえると、アイロンがけに費やされる5分程度の時間でもストレスに感じる人が多いことがわかりました。

夫が思う、妻が一番嫌いそうな家事は『料理』と『アイロンがけ』の2強!
熟年妻は『アイロンがけ』にピリピリムード!?

男性に対し、「妻(パートナー)が家事の中で最も嫌いだと感じていそうなものをお答えください」と聞いたところ、『料理』(15.6%)で1位となり、僅差で『アイロンがけ』(15.3%)が2位という結果に。40~49歳では『料理』と『アイロンがけ』が17.8%で同率となり、50~59歳では『料理』より『アイロンがけ』が約5ポイント上回るという結果に。年齢を重ねるほど、料理をしている奥さんより、アイロンがけをしている奥さんの方が旦那さんにはピリピリして見えているのかもしれません。

旦那に任せられない家事1位は「料理」!
50代は「アイロンがけ」をやってほしくない人が圧倒的1位に!

「夫(パートナー)に家事の中で任せられないと思うもの」を聞いたところ、1位は『料理』(44.2%)、2位は『アイロンがけ』(34.1%)、3位は『洗濯』『皿洗い』(21.7%)が同率となりました。
中でも50~59歳では、『アイロンがけ』が54.1%で、洗濯や掃除などを抑えて圧倒的1位となり、家事の中でも「旦那さんにはアイロンがけを任せられない」と考えている既婚女性が多いことがわかりました。前述の結果をふまえると、アイロンがけ自体にストレスを感じていても、旦那さんには任せられないという女性の心理がうかがえます。

アイロンが嫌いだけど節約重視?!クリーニング代は月1000円以内が最も多く3000円以上は1割に満たないという結果に。

「月にワイシャツに使うクリーニング代」を聞いたところ、『500~1000円(35.4%)』がもっとも多く、『3000円以上(6.5%)』は1割に満たないという結果に。アイロンがけへの苦労を感じる方が多い中、それでもお金をかけない傾向が明らかになりました。クリーニングに出す頻度も、『月1回以上(31.7%)』が最多でワイシャツは日常的にアイロンがけを行なっていることがわかりました。

「家庭内の働き方改革」実現!?
8割の主婦がノーアイロンシャツでアイロンがけのストレスから解放!

ノーアイロンシャツを利用したことがある方を対象に「アイロンがけが軽減され、ストレスは軽減されましたか?」と聞いたところ、『はい』と答えた方が73.7%となり、ノーアイロンシャツが日々の家事ストレス軽減アイテムの1つとなっていることがわかりました。男女別にみると、女性の83.0%がノーアイロンシャツによってストレスが軽減されたと回答しており、ノーアイロンシャツが「主婦の家庭内の働き方改革」の一助となっている様子がうかがえます。

調査概要


スクリーニング調査対象:20歳~59歳の男女5000名
本調査対象:20歳~59歳の男女757名
調査期間:2018年5月15日(火)、16日(水)
調査方法/エリア:インターネット/全国
調査機関:株式会社マーシュ

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP