介護に関する調査(50代以上既婚者対象) 

2018年06月21日
リサーチ・アンド・ディベロプメントは、 首都圏在住の男女3,000人を対象に自主調査を実施し、50代以上既婚者1,230人対して分析を行ないました。
近年、 「人生100年時代」という言葉をニュースで見聞きする機会が増えました。健康なまま年を重ねられれば理想的ですが、いずれ介護が必要になるかもしれません。その時にどこで生活したいと思っているのか、50代以上既婚者を対象に男女での意識差やその要因について考えてみました。

調査結果


■介護時に最も暮らしたい場所として、男性は半数以上が「自宅」を希望。
男女で意識の違いがみられる。

男性は「自宅」が55%、「高齢者向け施設」が30%と「自宅派」が25ポイント上回ったのに対し、女性は「自宅」が42%、「高齢者向け施設」が39%と「自宅派」と「高齢者向け施設派」で大きな差がみられなかった。(図1)

■自宅派の男性は、妻や子供とのつながりを大切に思っている傾向。
「配偶者は自分にとって心の支えである」「子供は生きがいである」などの妻・子供に対する意識は、いずれも自宅派男性は高齢者向け施設派男性に比べ5ポイント以上高い。(図2)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP