正社員職種別年収ランキング2018(提示年収の中央値 ベスト30) 

2018年06月19日

ビズリーチが運営する求人検索エンジン「スタンバイ」は「正社員職種別年収ランキング2018(提示年収の中央値 ベスト30)」を発表しました。

このランキングは、「スタンバイ」に掲載されている正社員求人約319万件を対象に、職種別の提示年収の中央値について調査したものです。調査の結果、上位3位は、1位「医師」、2位「プライベートエクイティ」、3位「ファンドマネージャー」「財務アドバイザリー」でした。上位10位を見ると、1位「医師」と5位「CIO」、9位「セキュリティコンサルタント」「戦略コンサルタント」以外は、金融専門職7職種が占めました。
また、上位30位を見ると、経営や管理のほか、IT・製薬・ゲーム関連など、専門職や資格を要する職種がランクインしました。

求人検索エンジン「スタンバイ」正社員職種別年収ランキング 2018

(提示年収の中央値)
職業 年収中央値/最大提示年収
1 医師 1,400/4,800
2 プライベートエクイティ 899/2,200
3 ファンドマネージャー 850/2,994
3 財務アドバイザリー 850/2,000
5 CIO 849.5/3,000
6 プロジェクトファイナンス 800/3,300
6 アクチュアリー 800/3,000
6 ストラクチャードファイナンス 800/2,000
9 戦略コンサルタント 750/4,000
9 コーポレートファイナンス 750/3,000
9 セキュリティコンサルタント 750/3,000
12 COO 749.5/4,000
12 CFO 749.5/3,900
12 食品工場長 749.5/1,099
15 アセットマネジメント 700/3,000
15 金融商品開発 700/1,500
17 臨床開発 675/3,000
18 CTO 650/4,000
18 M&A 650/4,000
18 プロダクトマネージャー 650/3,900
18 組織コンサルタント 650/2,500
(単位:万円)

■医師不足のなか、「医師」が1位

勤務医は全国に約30万人おり、医学部の定員を増やすことで医師の数は年間約4,000人ずつ増えてきているものの、まだ医師不足であり(※1)、需要が多い職業です。24時間体制の医療機関では医師が夜勤や当直に対応し、不規則な生活を送らなくてはならない勤務医が多く、命を預かる責任の重さ、高い専門性に加え、激務に対する対価として高年収が提示されています。

■業界全体で利益率が高く、徹底的な成果主義の金融専門職9職種がランクイン

金融専門職の年収が高い傾向にあるのは、金融業界は規制業種で、他業種ほど競争環境は厳しくなく、高い利益率を確保できているため、また、「高度プロフェッショナル制度」に金融専門職が入っているように、成果主義が徹底されているためと思われます。(金融9職種:プライベートエクイティ2位、ファンドマネージャー3位、財務アドバイザリー3位、アクチュアリー6位、ストラクチャードファイナンス6位、プロジェクトファイナンス6位、コーポレートファイナンス9位、金融商品開発15位、M&A18位)

■IT戦略や情報セキュリティーの重要性が増すなか、CIOが5位に

IT革新が急速に進むなか、IT戦略や情報セキュリティーは企業の重要課題となってきており、経営戦略に沿った情報戦略・IT投資計画の策定などに責任を持つ上位役員であるCIOの重要性が増しています。一方、経済産業省の調査によると、国内のCIOの設置率は29.5%で(※2)需要過多の職種であるため、高年収が提示されていると思われます。また、内部監査などの管理部門系の職種もランクインしました。(管理3職種:CIO5位、内部監査・内部統制23位、法務・コンプライアンス27位)

■IT関連投資の増加と新技術の登場により、不足が深刻化するIT専門職5職種がランクイン

日本では各業界で大型のIT関連投資が続き、情報セキュリティーのニーズが増加すると同時に、ブロックチェーン、AI(人工知能)、IoT、ビッグデータなどの新技術の登場により、IT人材不足が深刻化しており、IT専門職5職種がランクインしたと思われます。(IT5職種:セキュリティコンサルタント9位、プロダクトマネージャー18位、データサイエンティスト23位、システムコンサルタント23位、パッケージ導入コンサルタント29位)

■各社で生産性の向上が求められるなか、戦略・組織・人事コンサルタントがランクイン

外資系の戦略コンサルティングファームをはじめコンサルティング会社は高収益の企業が多く、同時に、成果主義が徹底されており、高収入が提示されることが多くあるようです。また、生産性の向上が求められるなかで組織や人材に関連する「組織コンサルタント」「人事コンサルタント」がランクインしました。このほか、生産性向上に関連して、「組織開発」もランクインしました。(戦略・組織・人事コンサルタント3職種:戦略コンサルタント9位、組織コンサルタント18位、人事コンサルタント30位、このほか組織開発30位)

■プロ経営者が求められるなか、経営関連7職種がランクイン

市場のグローバル化などビジネス環境の変化が進むなか、外部からのプロ経営者による改革を断行する企業が増えており、プロ経営者が求められていることから、経営関連の7職種がランクインしました。(経営7職種:COO12位、CFO12位、CTO18位、CEO22位、事業企画23位、経営戦略30位、事業統括30位)

■経験・専門性が必要とされる食品工場長、臨床開発などがランクイン

・「食品工場長」になるためには、工場の管理責任者、生産管理の責任者などの経験が必要であり、工場長経験者は非常に少ないために市場価値が高まり、高年収となっていると思われます。(食品1職種:食品工場長12位)

・薬の開発における治験の責任の重さ、専門性の高さ、労働時間の長さなどから臨床開発の専門職は高年収の傾向にあると思われます。(製薬2職種:臨床開発17位、CRA(臨床開発モニター)30位)

・不動産のアセットマネジメントの仕事は、不動産ファンドの収益性を最大化するために、各物件の運用戦略を策定・実行する仕事で、専門性が高く成果主義のため、高年収の傾向にあると思われます。(不動産1職種:アセットマネジメント15位)

・資格が必要で専門性の高い専門職が複数ランクインしました。(資格が必要な専門職3職種:公認会計士27位、弁護士30位、弁理士30位)

・トップゲームプロデューサーとなると年収が高く、「スタンバイ」に掲載されている「ゲームプロデューサー」の求人を見ると、最高提示年収は2,000万円となっています。(ゲーム1職種:ゲームプロデューサー30位)

※1 厚生労働省「平成28年(2016)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」
※2 経済産業省「情報処理実態調査 平成26年調査関係資料」

【求人検索エンジン「スタンバイ」調べ】

調査概要


・調査日:2018年4月30日
・調査日時点で、「スタンバイ」に掲載されている正社員求人(全319万件)を対象に、求人のタイトルまたは本文に調査した職種名を含む求人数が100件以上のものを集計。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP