2018年 国内クラウドインフラストラクチャに関するユーザー動向調査 

2018年06月14日

IT専門調査会社 IDC Japanは、企業におけるクラウドインフラストラクチャの導入状況や戦略に関する調査結果を発表しました。本調査では、2018年3月にサーバー仮想化を実施している企業および組織466社に対してアンケート調査を実施しました。

調査結果サマリー


  • 40%以上の企業がオンプレミス仮想サーバー環境をクラウドサービスへ移行する方針
  • OpenStackの導入が拡大、Red Hatディストリビューション使用率が40%超
  • 企業の約半数がDockerに対する取り組みを行っており今後の導入拡大に期待
詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP