大手3キャリアユーザーの格安SIM検討サービス調査 

2018年06月07日

MMD研究所は、15歳~70歳の大手3キャリアのスマートフォンを所有し、2019年4月までの1年以内に格安SIMを検討している男女1,077人を対象に2018年5月28日~5月31日の期間で「大手3キャリアユーザーの格安SIM検討サービス調査」を実施いたしました。

調査結果サマリー


  • 格安SIM購入検討時期、58.8%が「2018年以内」と回答
  • 格安SIMを検討している理由の上位は「月額料金が高いから、2年縛りがあるから、格安SIMでも大手で安心できると思ったから」
  • 大手3キャリアユーザーが検討している格安SIMサービスTOP3は「Y!mobile、楽天モバイル、UQ mobile」
  • 格安SIMを挿すスマートフォンは「元々所有していたスマートフォン端末を使う予定」が28.7%

調査結果


■ 格安SIM購入検討時期、58.8%が「2018年以内」と回答

15歳~70歳の大手3キャリアのスマートフォンを所有し、2019年4月までの1年以内に格安SIMを検討している男女(以下、格安SIMを検討している男女)1,077人を対象に、現在、検討している格安SIM/格安スマホの購入時期を聞いたところ、「2018年以内」と回答した人が58.8%、「2019年1月~4月」と回答した人が12.4%、「時期は未定だが、1年以内に購入を検討している」が28.7%となった。

■ 格安SIMを検討している理由の上位は

「月額料金が高いから、2年縛りがあるから、格安SIMでも大手で安心できると思ったから」
格安SIMを検討している男女1,077人を対象に、格安SIM/格安スマホを検討している理由を聞いたところ(複数回答可)、「現在支払っている携帯の月額料金が高いと思ったから」が75.1%と最も多く、次いで「大手携帯会社の2年縛り(自動更新)があるから」が31.8%、「格安SIMでも大手で安心できると思ったから」が24.9%となった。

■ 大手3キャリアユーザーが検討している格安SIMサービスTOP3は「Y!mobile、楽天モバイル、UQ mobile」

格安SIMを検討している男女1,077人を対象に、現在検討している格安SIM/格安スマホサービスを最大3つまで聞いたところ、「Y!mobile」と回答した人が55.7%と最も多く、次いで「楽天モバイル」が50.7%、「UQ mobile」が42.2%となった。
キャリア別で見ると、docomoユーザーの53.7%が「楽天モバイル」、auユーザーの50.3%が「UQ mobile」、SoftBankユーザーの68.2%が「Y!mobile」を最も検討していることがわかった。

■ 格安SIMを挿すスマートフォンは「元々所有していたスマートフォン端末を使う予定」が28.7%

格安SIMを検討している男女1,077人を対象に、検討している格安SIM/格安スマホに挿すスマートフォン端末を聞いたところ「元々所有していたスマートフォン端末を使う予定」が28.7%と最も多く、次いで「今使っているスマートフォンをSIMロック解除して使う予定」が21.3%、「格安SIMとセットで端末を購入する予定」が18.2%となった。

調査概要


調査期間:2018年5月28日~5月31日
有効回答:1,077人
調査方法:インターネット調査
調査対象:15歳~70歳の大手3キャリアのスマートフォンを所有し、2019年4月までの1年以内に格安SIMを検討している男女

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP