国内商用ロボティクス市場 産業分野別/ユースケース(用途)別予測 

2018年05月17日

IT専門調査会社 IDC Japanは、国内商用ロボティクス市場(*)における産業分野別/ユースケース(用途)別支出額予測を発表しました。これによると、国内商用ロボティクス市場を形成するロボティックシステム市場は、2017年~2022年において、年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)23.1%で成長し、2022年の支出額は2兆8,395億円まで拡大すると予測しています。
(*) 商用ロボティクス市場はロボティックシステム市場とエンタープライズドローン市場で構成されます。ロボティックシステム市場は産業用ロボット市場とサービスロボット市場から構成されます。

調査結果サマリー


  • 国内ロボティックシステム市場は、2022年まで年間平均成長率23.1%で成長し、市場規模は2兆8,395億円まで拡大
  • 「RT/IT コンバージェンス」によるロボティクスのインテリジェント化が加速し、2018年以降は製造、ヘルスケアおよび流通で協働型/自律移動型ロボット需要が増加
  • エンタープライズドローンは商品配送、製造業での検査、点検用途に加え、建設現場や家畜監視でも活用が進む
詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP