国内ミドルウェア市場予測 

2018年05月21日

IT専門調査会社 IDC Japanは、国内ミドルウェア市場を調査し、2022年までの同市場の予測を発表しました。
IDCではミドルウェア市場を、アプリケーションプラットフォーム、データ管理ソフトウェア、インテグレーション/オーケストレーションミドルウェア市場の3つの中分類市場と中分類市場に含まれる13の機能別市場に分けて市場規模予測を行いました。

調査結果サマリー


  • 2017年国内ミドルウェア市場規模は4,604億5,700万円、前年比成長率6.8%の堅調な成長
  • クラウド型DWHなどのPaaSサービスが市場の成長を牽引
  • DXの推進とクラウド利用の拡大は社内外のクラウド連携の高度化とリアルタイムアナリティクスに対するニーズを拡大する。2022年の市場規模は6,559億3,800万円を予測
詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP