情報保護対策製品の国内市場予測 

2018年05月23日

IT専門調査会社 IDC Japanは、情報保護対策製品であるDLP(Data Loss Prevention)製品と暗号化/鍵管理製品の国内市場について、2018年~2022年の予測を発表しました。

調査結果サマリー


  • 2017年の国内DLP(Data Loss Prevention)市場規模は前年比2.0%増の57億円。2017年~2022年の年間平均成長率は1.4%で、2022年には61億円と予測
  • 2017年の国内暗号化/鍵管理市場規模は前年比3.2%増の135億円。2017年~2022年の年間平均成長率は3.5%で、2022年には161億円と予測
  • パブリッククラウドサービスの活用では、ユーザーのデータ保護責任を明確にする必要がある
詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP