2017年度通期国内タブレット端末出荷概況 

2018年05月22日

MM総研は5月22日、2017年度通期(2017年4月~2018年3月)の国内タブレット端末出荷台数(※1)の調査結果を発表した。出荷台数は前年度比3.4%増の870万台で、3年ぶりの増加に転じた。
※1:「セルラータブレット」(※携帯キャリアの3G/LTE通信網が利用可能。SIMフリータブレットを含む)および「Wi-Fiタブレット」の出荷台数

調査結果サマリー


  • 2017年度通期タブレット端末出荷台数は870万台(前年度比3.4%増)で3年ぶりの増加
  • Appleがシェア42.0%で8年連続1位
  • 2018年度は900万台(前年度比3.4%増)。2019年度以降も微増傾向と予測
詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP