「旅行計画」に関する意識調査(20~40代女性対象) 

2018年06月05日

旅工房は、全国の20~40代600名の女性を対象に、「旅行計画」に関する意識調査を実施しました。本調査では、旅行計画における情報収集の実態やそれに伴うストレス、またより良い旅行をするためのニーズについて以下の回答が得られました。

主な調査トピックス


◆旅行の探し方は自分でじっくり調べる「検索型」が主流に!
しかし7割が旅行の「計画疲れ」に悩む…情報や選択肢が溢れ返っていることが原因に!?

  • 旅行の計画を立てる際に「インターネット」を利用する人が85.4%
  • 約7割に上る人が旅行の計画に「手間がかかる」、「難しい」などのストレスを感じる
  • ストレスに感じる理由は1位:「情報や選択肢が多い」、2位:「すぐに好みの情報が見つからないから」、3位:「飛行機やホテルの予約の手続きが面倒なため」
  • 2泊3日以内の旅行に行く半数以上が、旅行日数以上の時間を計画に費やしている
◆計画疲れが原因?「いつも同じ情報源を使う」人が半数以上!
またいつも同じ内容にしてしまう「旅行のマンネリ化」も6割以上の人が経験

  • 半数以上が、旅行計画に使う情報源はいつも同じだと判明
  • 66.5%が気づいたらいつも同じスポットや内容で旅行しているなど、“旅行のマンネリ化”を感じたことがあると判明
  • 64.5%がもっと良い旅の選択肢があったと感じたことがあると回答
◆もっと良い旅行計画の為には「知識」が足りないと感じる人が多数
プロが代わって旅行計画を立ててくれる「コンシェル旅」を使いたい人が6割以上! 

  • 良い旅行計画を立てる為に、600人中409人の6割以上が「知識」が足りないと回答
  • 旅行経験豊富なトラベル・コンシェルジュに相談やアドバイスをもらいたいと65.4%が回答

調査結果概要


◆旅行の探し方は自分でじっくり調べる「検索型」が主流に!
しかし7割が旅行の「計画疲れ」に悩む…情報や選択肢が溢れ返っていることが原因に!?

旅行の計画を立てる際に、何の情報を参考にしているか聞いたところ、インターネット(85.4%)、雑誌・本・観光ガイド(8.3%)、旅行会社のツアー(4.7%)と、インターネット検索による「検索旅」がスタンダード化していることが明らかになりました。続いて、旅行の計画を手間がかかる、難しいと感じたことがあるかについては、ある(24.5%)、どちらかといえばある(46.0%)と回答し、7割もの人が計画中にストレスを感じていることが分かりました。また、その原因について聞いたところ、1位:情報や選択肢が多いため(66.7%)、2位:すぐに好みの情報が見つからないため(52.5%)となり、情報や選択肢が多い程、旅行の計画にもストレスを感じている「計画疲れ」の実態が判明しました。

また、旅行期間として多いのはどれかと聞いたところ、2泊3日以内の短期間の旅行が主流になっていることが分かりました。続いて、旅行計画に費やす時間を聞いたところ、1か月以上(5.1%)、1週間以上1ヶ月未満(18.9%)、3日以上1週間未満(30.0%)と、2泊3日の短期間の旅行にも、半数以上が計画に3日以上を費やしていることが分かりました。

◆計画疲れが原因?「いつも同じ情報源を使う」人が半数以上!
またいつも同じ内容にしてしまう「旅行のマンネリ化」も6割以上の人が経験

旅行の計画を立てる際にインターネットや雑誌を参考にする方々に情報源が決まっているか聞いたところ、決まっている(12.5%)、どちらかといえば決まっている(41.3%)と半数以上がいつも決まった情報源をもとに旅行の計画を立てていることがわかりました。続いて、気がつけば同じスポットに行ったり、同じような内容の旅になっていると感じた経験があるかどうかについては、ある(18.5%)、どちらかといえばある(48.0%)、という結果が判明しました。同じ情報源を参考に、同じような内容の旅を経験する、「旅のマンネリ化」の実態が明らかになりました。

また、旅行をする際に、もっと良い旅の選択肢があったと感じたことがあるかを聞いたところ、ある(20.2%)、どちらかといえばある(44.3%)と64.5%の人が自分で立てる旅行計画に十分に満足していないことが分かりました。

◆もっと良い旅行計画の為には「知識」が足りないと感じる人が多数
プロが代わって旅行計画を立ててくれる「コンシェル旅」を使いたい人が6割以上!

旅行計画の手間や、つい同じような旅行にしてしまうことへの後悔といった不満がみえるなか、もっと良い旅行を計画するために、自分が不足していると感じているものを聞いたところ、600人中409人の6割以上が「知識」が足りていないと回答しました。また、良い旅行計画のために、何を参考にしたいかを聞いたところ、600人中391人が「旅先に行った経験がある人の意見」を参考にしたいと回答し、「知識」や「経験」にニーズがあることが判明しました。

そこで、よりストレスのない旅のために、旅行の知識と経験が豊富なトラベル・コンシェルジュが、旅行計画段階で行き先やホテル、飛行機の予約、おすすめのお店や遊びなどを無料で、アドバイスなどをくれる「コンシェル旅」を利用したいかと聞いたところ、思う(20.7%)、どちらかといえば思う(44.7%)と、半数以上が利用したいという結果が得られました。
『旅工房調べ』

調査概要


調査エリア:全国
調査対象者:20~40代女性
サンプル数:600名
調査期間:2018年5月19日~2018年5月20日
調査方法:インターネットパネルを利用したWEB定量調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP