自動車に関する総合アンケート調査(中古車を所有し、主に運転している20歳以上の男女対象) 

2018年03月30日

プロトコーポレーションが運営する「PROTO総研/カーライフ」は、2017年12月に実施した「自動車に関する総合アンケート」の結果を「プロト カーユーザー レポート 2018」としてまとめました。

「プロト カーユーザー レポート 2018」は日本国内に在住する20歳以上の自家用車保有者で、かつ中古車ユーザーの6,181サンプルを対象に、現保有車の実態や自動車購入時の意識等を調査することで、今後の自動車マーケットの動向を探るための基礎データ作成を目的として1999年から毎年実施している定点調査となります。

調査結果サマリー


現在運転している中古車の状況
  • 全国の中古車支払い総額の平均は121.3万円。前年と比べ、3万円ほどの増加。
  • 中古車の購入先は、「メーカー系ディーラー」が31%で前年と同様トップ。「中古車販売店」が減少傾向。
  • 全国の中古車のボディタイプは、「軽自動車」が4割以上を占める。
  • 購入・検討時に訪問した販売店舗数は、「1店舗」59%がトップ。次いで「2店舗」13%と大きく差が開いている。
買い替えでの購入について
  • 現中古車ユーザーの買い替えサイクルの平均は6.3年。前年と比べ、ほぼ変動なし。
中古車の購入経験、重視点、次回のクルマについて
  • 「実車確認無しでの購入」経験は、「必ず実車の確認をしている」が6割以上を占め、前年とほぼ同等程度。
  • 次回購入検討している車種台数ランキングは、トヨタ「アクア」がトップ。次いで、ダイハツ「タント」、スズキ「ワゴンR」と続く。
    前回トップであった「プリウス」が4位となり、前年と比べ、コンパクトカーや軽自動車の人気が高まっている。
  • 中古車購入時に重視した点は、「走行距離」71%がトップ、次いで「年式」61%、「事故・故障歴の有無」60%と続く。

調査結果


中古車の支払い総額

・全国の中古車支払い総額の平均は121.3万円(前年平均は118.6万円)。
 特に沖縄では「50万円以上~100万円未満」が4割近い。

中古車の購入先

・中古車の購入先は、「メーカー系ディーラー」がトップ。次いで「中古車販売店(専門店・専業店)」「中古車販売店(自動車修理・整備工場兼務店)」が続く。中古車販売店(専門店・整備工場含む)がやや減少傾向。
 エリア別では、東京都で「メーカー系ディーラー」、沖縄で「中古車販売店(専門店・専業店)」が高い。

中古車のボディタイプ

・中古車のボディタイプは、「軽自動車」が4割以上でトップ。次いで差が開いて「コンパクトカー」「ミニバン/ワンボックス」が続く。
 エリア別では、沖縄で「軽自動車」が高い。
 2017年調査と比べ、「軽自動車」の割合が微減、「コンパクトカー」「ミニバン/ワンボックス」が微増。

購入・検討時に訪問した販売店舗数

・購入・検討時に訪問した販売店舗数は、「1店舗」が6割近くを占めている。
 エリア別では、沖縄で「1店舗」が4割台と低め。

買い替え前に運転していた車の運転期間

・現中古車ユーザーの買い替えサイクルの平均は6.3年。前年平均とほぼ同程度である。
 エリア別では、首都圏で6.7年と最も長く、沖縄県で5.4年と最も短い。

「実車確認無しでの購入」経験

・「実車確認無しでの購入」経験は、「自動車を購入する際は必ず実車の確認をしている」が6割以上を占める。
 エリア別では、東京都・首都圏・静岡・大阪府で実車の確認率が7割を超えている。

中古車購入重視点 〔TOP2計〕

・中古車購入重視点TOP2計は、「走行距離」「年式」「事故・故障歴の有無」が上位となっている。
 エリア別では、東京都で「グレード」、沖縄で「年式」「内装の清潔感」「外装の傷の有無・ツヤ」「機関の整備状況」「過去の整備履歴」「空調の状態」が高くなっている。

次回購入検討しているクルマランキング

・次回購入検討している車種台数ランキングは、トヨタ「アクア」がトップ。次いで、ダイハツ「タント」、スズキ「ワゴンR」と続く。前回トップであった「プリウス」が4位となった。
 上位にランクインした車種の傾向として、コンパクトカー・軽自動車の人気の高まりが伺える。
 5位「ヴォクシー」、9位「アルファード」「ノア」などは前年より順位を上げており、ミニバンの需要も高まっている。


1 トヨタ アクア
2 ダイハツ タント
3 スズキ ワゴンR
4 トヨタ プリウス
5 ホンダ N BOX
5 ダイハツ ムーヴ
5 トヨタ ヴォクシー
8 ホンダ フィット
9 トヨタ アルファード
9 トヨタ ノア

調査概要


「自動車に関する総合アンケート」
調査地域:全国47都道府県
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査対象:世帯で中古車を所有し、主に運転している20歳以上の男女
有効回答数:全6,181サンプル

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP