2017年 国内サーバー市場動向 

2018年03月28日

IT専門調査会社 IDC Japanは、2017年通年の国内サーバー市場動向を発表しました。2017年の国内サーバー市場規模は4,698億円で、前年から4.5%増加しました(図1)。一方、出荷台数は51万5,000台で、前年から0.6%減少しました。

2017年の国内サーバー市場は、2年ぶりに前年比プラス成長となりました。全サーバー出荷額の約7割を占めるx86サーバー(注1)の出荷額が、2年ぶりに前年比プラス成長となったこと、メインフレームの出荷額が、4年ぶりに前年比プラス成長になったことが要因となっています。

調査結果サマリー


  • 2017年の国内サーバー市場規模は、前年比4.5%増の4,698億円
  • x86サーバーとメインフレームのプラス成長が市場を牽引
  • 出荷額では富士通、出荷台数ではNECが首位
詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP