国内ビジネスコンサルティング市場予測を上方修正 

2018年03月27日

IT専門調査会社 IDC Japanは、国内ビジネスコンサルティング市場予測を発表しました。これによると、同市場は、2017年に企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)に関わる様々なコンサルティング需要が牽引し、2017年の同市場規模は前年比8.2%増の3,921億円になりました。
今回の調査では、昨年調査時点の予測から上方修正しています。これは、主要コンサルティングファームによる積極的なコンサルタント採用の継続や、新卒一括採用を進めてきた多くの国内顧客企業において、いわゆる「就職氷河期」世代などの、DXを担うべき層における人材不足が深刻化し、コンサルティング利用需要を喚起していることが影響しています。

調査結果サマリー


  • 国内ビジネスコンサルティング市場は2017年に前年比8.2%増の3,921億円に拡大。昨年調査時点の予測から上方修正
  • デジタルトランスフォーメーション(DX)と企業の人材不足が需要を牽引、2017年~2022年に年間平均成長率7.4%で成長し、2022年には5,612億円に拡大すると予測
  • 事業者はデリバリー能力の拡大に向け、最適な体制や施設、方法論などの再構築が必要
詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP