2018年 国内ストレージ需要動向調査 

2018年03月20日

IT専門調査会社 IDC Japanは、2018 年版の国内ストレージ需要動向調査の結果を発表しました。それによると、今後、ストレージの支出に大きな影響を与えるITプロジェクトとしては、2018年度(会計年)はデータベース/アプリケーションのパフォーマンス向上が、2020年度(会計年)までではビッグデータ/アナリティスクの活用が、2021年度(会計年)以降ではAI(人工知能)の活用がそれぞれトップとなりました。

この調査はWeb調査に基づき2017年12月に実施され、700社から回答を得ました。700社の内訳は、大企業(従業員数1,000人以上)は310社、中堅中小企業(同1,000人未満)は390社でした。

調査結果サマリー


  • 2018年度のストレージ支出に最も影響を与えるプロジェクトはデータベース/アプリケーションのパフォーマンス向上
  • 2020年度まではビッグデータ/アナリティクス、2021年度以降はAIが最も影響を与える
  • データ管理ポリシーには、データの最適配置などを組み込んでいくことが重要
詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP