CD・DVD、書籍、コミックなどのレンタルに関するアンケート調査(第7回) 

2018年05月23日

マイボイスコムは、7回目となる『CD・DVD、書籍、コミックなどのレンタル』に関するインターネット調査を2018年4月1日~5日に実施し、10,545件の回答を集めました。

調査結果TOPICS


  • 直近1年間に市販されている映像作品を観た人は4割。最もよく観た方法は「レンタルショップの店舗で借りる」「動画配信サービスで観る」が各1割、「オンラインショップで新品を購入」が約7%
  • 利用したい音楽コンテンツ入手方法は、「音楽ダウンロード:無料」「店舗で新品のCD・DVD・BDを購入」「オンラインショップで新品のCD・DVD・BDを購入」が各2割

調査結果


◆レンタルショップの利用頻度

直近1年間にレンタルショップの店舗でCDやDVD・BD、ビデオや書籍・コミックなどを借りた人は2割強で、過去調査と比べて減少傾向です。利用者は若年層で比率が高く、10・20代では4割みられます。「年に数回程度」がボリュームゾーンです。

◆宅配レンタルサービスの利用状況、利用時の重視点

直近1年間に宅配レンタルでCDやDVD・BD、ビデオや書籍・コミックなどを借りた人は約8%、男性10・20代では約15%と他の層より高くなっています。直近1年間利用者が利用した宅配レンタルサービスは、「TSUTAYA DISCAS」が54.6%、「GEO online」が27.0%となっています。
直近1年間利用者の宅配レンタルサービス利用時の重視点は、「取扱い点数・作品、在庫が豊富」「月額料金の安さ」「単品レンタルの安さ」が3~4割で上位にあがっています。

◆市販の映像作品を最もよく観た方法

直近1年間に市販されている映像作品を観た人は4割、若年層で比率が高くなっています。最もよく観た方法は、「レンタルショップの店舗でDVD・BD等を借りる」「動画配信サービスで観る」が各1割、「オンラインショップで新品のDVD・BD等を購入する」が約7%です。10・20代や男性30代では「動画配信サービスで観る」、女性10・20代では「レンタルショップの店舗で借りる」が各2割弱みられます。

◆市販の映像作品の視聴方法の意向

市販されている映像作品を観る場合、どのような方法で観たいかを聞いたところ、「レンタルショップの店舗でDVD・BD等を借りる」「動画配信サービスで観る」が各2割、「オンラインショップで新品のDVD・BD等を購入する」「店舗で新品のDVD・BD等を購入する」が各1割です。10~30代では「動画配信サービスで観る」、女性10・20代では「レンタルショップの店舗で借りる」の比率が高くなっています。

◆音楽コンテンツの入手方法の意向

音楽コンテンツをどのような方法で入手したいかを聞いたところ、「音楽ダウンロード:無料」「店舗で新品のCD・DVD・BDを購入する」「オンラインショップで新品のCD・DVD・BDを購入する」が各2割です。10~30代では「音楽ダウンロード:有料」「動画共有サイト」、女性10・20代では「音楽ダウンロード:無料」「レンタルショップの店舗で借りる」の比率が高くなっています。

調査概要


調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2018年04月01日~04月05日
回答者数:10,545名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP