サラダチキンに関する調査(普段サラダチキンを喫食している20歳~69歳対象) 

2018年05月18日

総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングは、20歳~69歳の普段サラダチキンを喫食している方500 名を対象に、「サラダチキン」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査背景


今や多くのコンビニで販売されている「サラダチキン」は、ダイエットや健康意識の高い層を中心に人気を博しています。その魅力は低カロリーで高たんぱく質であるという、健康面・栄養面が一般的に注目されています。そこで今回は全国の 20~69 歳の普段サラダチキンを食べている方を対象に「サラダチキン」に関する調査を行いました。

調査結果


「サラダチキンに関する調査」主な質問と回答と一部抜粋

サラダチキンを購入したことがある場所は?

「大型総合スーパー・GMS の実店舗」が最多の 60.4%、「食品スーパーマーケットの実店舗」58.2%、「コンビニエンスストア(セブンイレブン)」51.2%。

サラダチキンの食べ方は?

「のせる(サラダなどに)」が 59.8%となり、「そのまま」の 50.4%を上回る結果に。

サラダチキンを食べる理由は?

「サラダにちょうどいいから」が最多の 45.2%、「おいしいから」「手軽に食べれるから」「低カロリーだから」と続く。サラダと一緒に食べられていることが多く、サラダチキン自体のおいしさや食べるときの手軽さが大きな魅力になっているといえそうだ。

調査概要


・調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEB アンケート方式で実施
・調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、普段月に 1 日以上サラダチキンを喫食している 20 歳~69 歳の男女を対象に実施
・有効回答数:500 名
・調査実施日:2018 年 4 月 4 日(水)~2018 年 4 月 5 日(木)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP