「管理栄養士の仕事時のランチのとり方」についての調査 

2018年05月21日

フィッツプラスは、「ダイエットプラス」で食生活改善のアドバイスを行っている管理栄養士に対して、「管理栄養士の仕事時のランチのとり方」についてのアンケートを実施いたしました。

調査結果サマリー


  • 「ランチで栄養バランスは意識していますか?」の質問に対し、94.1%の管理栄養士が「意識している」と回答した。食べる量については「腹八分目」までが最多で71.3%を占め、仕事の合間でも栄養バランスや食事量に気を遣っていることが分かった。
  • ランチで不足しがちな栄養素は、1位が「ビタミン」、2位が「タンパク質」、3位が「ミネラル」であった。お弁当や中食でとりづらい野菜や肉・魚に含まれる栄養素が上位にランクインした。
  • 管理栄養士がランチでよく食べるマスト食材は1位が「お米」、2位が「野菜」、3位が「卵」であった。お米をよく食べる理由は、「主食の中でパンや麺類より腹持ちがいいため」という意見が多かった。
  • ランチの取り方で一番多かったのは「手作りお弁当」(39.6%)、次いで「自宅で調理」(28.7%)であり、約7割の管理栄養士はランチを自炊していることがわかった。また、ランチで栄養バランスをとるために実践していることとしては、「野菜を多くとる」ための工夫が多かった。

    「ダイエットプラス」調べ

調査概要


調査期間:2018/2/15 ~ 2018/2/26
有効回答:101人(回答者はすべてダイエットプラスに登録する管理栄養士)
調査方法:インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP