世界スマートシティ関連テクノロジーの市場予測 

2018年03月07日

IT専門調査会社 IDC Japanは、世界スマートシティ関連テクノロジーの市場予測を発表しました。これによると2018年、スマートシティイニシアティブ向けのテクノロジーに対する全世界の総支出額は、800億米ドルに達する見通しです。IDCでは、IDC Worldwide Semiannual Smart Cities Spending Guideにおいて、スマートシティのさまざまな分野およびユースケースに関連するテクノロジー投資について、詳しく分析しています。2016年~2021年の予測期間中、スマートシティイニシアティブが本格化するとともに支出額が増加し、2021年には1,350億米ドルに達するとIDCでは予測しています。

調査結果サマリー


  • 2018年、スマートシティ向けITテクノロジーに対する全世界の総支出額は、800億米ドル
  • 2021年に向けてスマートシティイニシアティブが本格化し、全世界の総支出額は1,350億米ドルに達すると予測
  • 予測期間において支出額が最も大きい分野は「交通/運輸」「公共安全」「エネルギー」

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP