2017年国内パソコン出荷概要 

2018年03月07日

MM総研は、2017 年暦年(1 月~12 月)の国内パソコン出荷実績を調査、結果を発表した。それによると、国内パソコン市場の総出荷台数は前年比1.7%増の1025.3 万台、出荷金額は前年比4.0%増の9,061 億円となった。

出荷台数 1,025 万3,000 台 前年比 1.7%増
出荷金額 9,061 億円 前年比 4.0%増


個人・法人別に市場動向を見ると、個人市場向けの出荷ルートである「個人系ルート」は、前年比2.0%減の392.6 万台となった。企業・官公庁向けのメーカー直販と販売店販売を合計した「法人系ルート」は前年比4.1%増の632.7 万台となった。個人系ルートでは出荷台数が減少したものの、法人系ルートでは出荷台数が増加し、全体ではプラスに成長した。

メーカーシェアはNEC レノボがシェア25.9%で首位となった。2 位富士通は、シェアが0.2 ポイント減少している。日本HPが1.2 ポイントシェアを増加させ、デル(0.9 ポイント増加)、東芝(2.1ポイント減少)を引き離した。2020 年に来るWindows7 のサポート終了を控えWindows10 搭載の入れ替え需要が徐々に顕在化し、出荷台数は拡大傾向をたどる見通し。

調査結果サマリー


  • 出荷台数は前年比1.7%増の1,025 万3,000 台
  • 法人市場向けは4.1%増、2020 年のWindows7 のサポート終了特需で今後も増加基調続く見通し
  • 個人向けは2.0%減で、14 年以降減少続く
  • 18 年は1085.7 万台と予測
詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP