飲食店の倒産動向調査(2017年度) 

2018年04月04日

帝国データバンクは、飲食店の倒産動向調査(2017年度)を発表。

調査結果


  • 1 2017年度(2017年4月~2018年3月)の飲食店の倒産(※)は701件となり、4年ぶりに前年度比増加(+130件、22.8%増)。これまで最多だった2011年度(732件)に次ぐ、過去2番目の高水準となった。負債総額は334億100万円となり、前年度比44億6600万円増加(15.4%増)となった
  • 2 701件を業態別にみると、件数は全ての業態で前年度を上回った。件数の上位は、居酒屋や焼鳥屋、おでん、もつ焼屋、ダイニングバーなどを含む「酒場・ビヤホール」で132件(構成比18.8%)。
    「中華料理店・その他の東洋料理店」(110件)と「西洋料理店」(78件)は過去最多。態様別では「破産」が669件(同95.4%)。都道府県別では「東京都」が116件(同16.5%)で上位となり、前年度比では「大阪府」が+22件で最も増えた

※飲食事業を主業とする事業者(法人・個人事業者)で、負債1000万円以上・法的整理のみを対象

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP