くせ毛に関する意識・実態調査(くせ毛に悩む20~40代女性対象) 

2018年04月23日

パナソニックは、くせ毛に悩む20~40代女性110名を対象にくせ毛に関する意識・実態調査を行いました。

調査結果


◆くせ毛女子9割以上が「手間もお金もかかる」悩みアリ! 悩み1位は「うねり」

はじめに、くせ毛に悩む「くせ毛女子」たちがどんな髪のくせに悩んでいるかきくと、1位に「髪がうねる」(92%)、2位に「髪が広がる」(75%)、3位に「髪にくせがある」(73%)という結果になりました。「悩みを感じるシーン」として「しっかりブローしてもすぐにうねって元通りになり、ヘアスタイルが決まらない」(36歳)など、うねりや広がりにより髪型が決まらない悩みがあることがうかがえます。

さらにヘアスタイリングの悩みを深堀すると、実に9割以上の人がくせ毛のない人よりも「手間がかかる」(97%)、「お金がかかる」(98%)と感じていることがわかりました。また「梅雨の時期のうねりがひどく、気になります」(29歳)といった声もきかれ、湿気が増えるこれからのシーズンは、ますます“スタイリング制御不能”に陥る人が多くなると予想されます。

◆縮毛矯正・ストレートパーマに出費…「くせ毛女子」の対策には日々お金もかかる!

続いて、くせ毛女子たちの日々の対策についてききました。
行ったこと1位は「ヘアアイロン・コテを使用する」(86%)、2位は「ブローを丁寧に行う」(76%)、3位は「スタイリング剤を使用する」(75%)となりました。家でできる対策だけでなく、縮毛矯正・ストレートパーマを行う人も4割超見られます。また、くせ毛対策1回あたりにかかる金額をきくと下記のような結果に。

・美容院での縮毛矯正費  …平均8,759円
・美容院でのストレートパーマ費…平均6,106円
・美容院でのトリートメント費…平均5,829円
・スタイリング剤購入費…平均4,226円
・カーラーなどヘアグッズ購入費…平均3,349円
・ヘアアイロン・コテの購入費…平均13,318円

くせ毛女子たちの「お金がかかる」という悩みもうなずけます。

◆不自然なまっすぐさ、仕上がりは金太郎状態!? …83%が「失敗経験あり」と回答

一方、くせが取れたはいいもののストレート・直毛になりすぎてしまった…といったくせ毛対策の“失敗経験” も多いようで83%が「失敗したなと感じたことがある」と回答しています。お金をかけて努力しているにも関わらず、失敗している人も多いことがうかがえます。

◆くせ毛女子たちの「くせ毛対策」失敗談

・「大学生の時に初めて縮毛矯正をしましたが、前髪まで不自然なくらい直毛に。
髪の長さがボブくらいだったため、仕上がりが金太郎みたいでした」(38歳)
・「縮毛矯正そのものは良かったが、生え際に不自然な角がついた」(39歳)
・「河童のようなまっすぐ!不自然なほどペターっとした直毛になったことがあります」(35歳)

 もはや「くせ毛」に諦めを感じている人も多く、約8割が「くせを取ることは諦めている」(77%)と感じていることが明らかに。また、なかなかとれないくせに対して「コンプレックスになっている」(83%)人も多数見られます。
気持ちの落ち込みにもつながりかねない、くせ毛女子たちのスタイリング悩みの深さが感じられる結果となりました。

調査概要


調査主体:パナソニック
調査対象:20~40代現在「くせ毛」に悩んでいる女性110名
調査期間:2018年3月22日(木)~2018年4月2日(月)
調査方法:インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP