ゴールデンウィークに関する意識調査(20代~50代男女会社員対象) 

2018年04月09日

エクスペディア・ジャパンは、ゴールデンウィークに向けて、20代~50代男女会社員400名を対象に、ゴールデンウィークに関する意識調査を実施いたしました。

調査結果


約4人に1人が5月1日・2日に休みを取得!有給休暇取得も27%

 今年のゴールデンウィークは5月1日(火)と2日(水)を休むと9連休の大型休みになります。その2日間を休むか聞いたところ、約4人に1人にあたる23%が「両方休む」と回答しました。「まだ決まっていない」人がいることを踏まえると、多くの人が9連休以上の休みを取ることが伺えます。
 また1日と2日に限らず、ゴールデンウィークに有給休暇を取得するか聞いたところ、「取得する」と回答した人が27%という結果になりました。さらに、取得する人のうち9割が、2日以上の有給休暇を取得することがわかりました。休みを取る人はしっかりと大型連休にしている様子が伺えます。
 その一方で、「有給休暇をつける予定はない」と回答した人は38%という結果に。「仕事上難しいから」という回答が半数を超えました。

ゴールデンウィークは「旅行する予定」が45%!

 ゴールデンウィークの旅行の予定について聞いたところ、45%が「する予定」と回答しました。休みを取る人も取らない人も、この大型連休の流れにのって、旅行を楽しもうとしている様子が伺えます。

ゴールデンウィークに行きたい海外旅行先TOPは「ハワイ」、国内旅行先TOPは「関東エリア」!

 ゴールデンウィークに行きたい海外旅行先において、1位には「ハワイ(48%)」がランクイン。安くて近く、短い期間で行けるアジアが近年人気の傾向ですが、今年のゴールデンウィークは9連休にすることもできるため、半数近くの方が、ハワイに行きたいと考えているようです。
 一方で、ゴールデンウィークに行きたい国内旅行先として1位は「東京・横浜などの関東エリア(30%)」、2位には「北海道(22%)」、「大阪・京都などの関西エリア(22%)」、4位には「福岡・鹿児島などの九州エリア」がランクインしました。

今年のゴールデンウィーク旅行は美味しいものを食べる「グルメ旅」が主流!

 ゴールデンウィークに旅行をする予定の方に、どのような旅行をしたいかを聞いてみたところ、半数以上の方が「美味しいものを食べる旅」と回答し、「グルメ旅」を希望していることがわかりました。その他TOP3には、「のんびりまったりリゾート旅(44%)」や「思い出を巡る旅(28%)」がランクイン。
 また、8%の方は「死ぬまでに一度は行きたい、やりたいことを叶える旅」と回答し、大型連休ならではの旅行をしたいと考えているようです。

調査概要


サンプル数: 計400名
調査対象: 20代~50代の男女会社員
調査期間: 2018年3月20日~22日
調査方法: インターネットリサーチ

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP