「クルマ利用時のスマートフォンアプリ」に関する調査(「タイムズクラブ」の会員対象) 

2018年04月09日

パーク24は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に実施した、「クルマ利用時のスマートフォンアプリ」に関するアンケート結果を発表。

調査結果トピックス


① クルマ利用時によく使うスマホアプリが「ある」人は約3割
② よく使うスマホアプリは「地図情報アプリ」が65%で最多
③ 半数以上は現状のスマホアプリに満足。スマホアプリに求めるのは効率的な移動のサポート

調査結果


① クルマ利用時によく使うスマホアプリが「ある」人は約3割

 クルマの利用時によく使うスマホアプリが「ある」人は32%、「ない」人は48%、「アプリは使わない」という人は20%でした。設問②では、よく使うアプリとして6割超が「地図情報アプリ」「カーナビアプリ」をあげています。クルマ所有者のカーナビ搭載率は75%※1となっていること、レンタカーやカーシェアリングの車両には基本的にカーナビが搭載されていることが、クルマ利用時にはスマホアプリを使用しない人が7割となった要因と思われます。

 年代別でみると、「アプリを使わない」人は年代が高いほど多くなっています。一方で、クルマ利用時に、「よく使うスマホアプリがある」のスコアはいずれの年代も30%台となり、年代による違いは見られませんでした。スマホアプリの所持数は若い世代ほど多い傾向にありますが、実際に利用するスマホアプリの数は年代による違いがない※2ことから、このような結果になったと思われます。

※1:マイボイスコム株式会社「カーナビの利用に関する調査(第8回)」
※2:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社が、フラー株式会社、立教大学社会学部メディア社会学科・木村忠正研究室とともに立ち上げた「スマートフォンの実利用データに関する調査研究会(LDASU:Log Data Analysis of Smartphone Use)」の独自調査の結果

② よく使うスマホアプリは「地図情報アプリ」が65%で最多

 クルマ利用時によく使うスマホアプリとしては、「地図情報アプリ」が65%、「カーナビアプリ」が60%でした。カーナビと同様の機能を持つスマホアプリを使う理由としては、日常的に使用しているスマートフォンの操作に対する慣れや、常に最新の情報に更新されていること等が考えられます。

 「その他」では、「音楽アプリ」や「ラジオアプリ」等のエンタメ系アプリがあがりました。
 年代別でみると、「地図情報アプリ」の利用状況には大きな差がなかったのに対して、「カーナビアプリ」「駐車場情報アプリ」「渋滞情報アプリ」「ガソリンスタン情報ドアプリ」については、20代・30代よりも40代以上のスコアが高い結果となりました。

 スマホアプリを使う理由は、「使いやすいから」が74%で最多でした。
 「移動時間が短縮できるから」や「ドライブを楽しむための情報が満載だから」といったクルマ利用時ならではの理由はいずれも約30%となりました。「その他」としては、「手軽に情報を得られるから」、「自動で最新の情報に更新されるから」等がありました。

③ 半数以上は既存のスマホアプリに満足。スマホアプリに求めるのは効率的な移動のサポート

 57%が「既存アプリに満足」と回答しており、半数以上が現状に満足していることがわかりました。

あると便利だと思うスマホアプリ 票数
1 駐車場に関するアプリ 356
2 道路状況に関するアプリ 245
3 ドライブプランに関するアプリ 203
4 カーナビアプリ 200
5 ガソリンスタンドに関するアプリ 58
6 その他 287

 あると便利だと思うスマホアプリとして、「駐車場に関するアプリ」が356票でトップとなりました。次いで、「道路状況に関するアプリ」が245票、「ドライブプランに関するアプリ」が203票、以下「カーナビアプリ」、「ガソリンスタンドに関するアプリ」と続いています。いずれも、効率的に移動するためのアプリとなっています。
 「その他」では、コンシェルジュのようなアプリや車検時期を自動通知するアプリ等がありました。

1位の「駐車場に関するアプリ」としては、「満車空車情報の提供」が250票、「駐車料金の案内」が79票、「予約機能」が27票でした。駐車場を探す手間や時間、駐車料金を削減するためのアプリを求めている人が多く、「目的地に近づいた時に空き駐車場だけを通知してほしい」、「空き駐車場の入口まで案内してほしい」といった機能が希望としてあがりました。

2位の「道路状況に関するアプリ」では、「渋滞情報の提供」が111票、「う回路の提案」が78票でした。以下「高速道路料金の案内」、「交通規制情報の提供」、「事故情報の提供」となっており、既にリリースされているアプリの機能も回答としてあがっています。「初心者や車高の高いクルマでも通ることのできるルートを提案してほしい」といった、個々の事情に応じた機能の追加を希望していることがわかりました。

3位の「ドライブプランに関するアプリ」は、「ドライブルートの提案」が84票、「グルメ情報の提供」が55票、「周辺施設のクーポンの提供」が24票でした。その他、「トイレ情報の提供」、「観光スポットの紹介」等があがりました。「デート用ルート、子ども連れ用ルート等、ドライブをプランニングしてほしい」、「近くにあるご当地名物や、口コミ評価の高い飲食店、自分好みの飲食店等がすぐに見つかるアプリ」といった、乗る人の目的や趣向に合ったドライブをサポートするようなアプリを求めている人が多いようです。

調査概要


調査対象:タイムズクラブ会員
(2017年12月4日以降に入会し、直近でタイムズ駐車場・B-Times・タイムズカープラス・タイムズカーレンタルを利用された方)
調査方法:非公開型インターネットアンケート
調査期間:2017年12月4日~2017年12月10日

有効回答者数:8,540名
詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP