動画&動画広告 月次定点調査(2018年3月度) 

2018年04月18日

ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2018年3月度)』の結果を発表します。本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。

調査結果の概要


■月額制動画サービス利用者の約4割が、「追加コンテンツ課金」経験あり

月々、定額料金を支払うことで映画やドラマなどの動画が見放題になる月額制動画配信サービスを、「利用している」人は18.7%、「現在は利用していないが、利用を検討している」人は7.5%でした。
また、月額動画配信サービスを「利用している」人のうち、月額の定額料金に加えて追加費用を支払うことで、最新の映像コンテンツなどが視聴できる「追加コンテンツ課金」をした経験がある人は38.8%でした。

■スポーツ系動画配信サービス「DAZN」の認知率が4割に

スポーツの動画やライブ配信が視聴できるスポーツ系動画配信サービスのなかで、最も認知率が高かったのは「Hulu」(82.5%)でした。一方、前回の2017年8月度調査時から最も認知率が伸びたのは「DAZN」(46.8%)で、前回の36.9%から認知率が9.9ポイント増加しました※。
※「現在利用している」「以前は利用していたが、今は利用していない」「知っているが、利用したことはない」の合計。

■10代の約2割が、「SNSに花見動画を投稿」

この春、花見の「画像をSNSに投稿」した人は12.0%、「動画をSNSに投稿」した人は6.4%でした。年代別にみると若い人ほどSNSに投稿した割合が高く、10代では「画像をSNSに投稿」した人は27.0%、「動画をSNSに投稿」した人は16.0%でした。※
※複数回答あり。

■今春、花見動画が最も投稿されたSNSは「Instagram」

今年、花見の動画が最も投稿されたSNSは「Instagram」で58.6%でした。次いで、「LINE」(57.1%)、「Twitter」(55.7%)、「Facebook」(42.9%)でした。
※複数回答あり。

調査概要


調査名:『動画&動画広告 月次定点調査 (2018年3月度)』
調査期間 :2018年3月29日(木)~4月2日(月)
調査対象 :15歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP