「2017年マイベストヒット」に関する調査(20代~60代男女対象) 

2018年03月22日

ドゥ・ハウスは、20代~60代の男女を対象に「2017年マイベストヒット」に関する調査を実施。
話題になったものが実際どれくらいの人たちが認知・購入しているのか定量的に把握するとともに、各人の「マイベストヒット」について定性的にヒアリングをしました。

調査サマリ


  • 2017年ヒット商品:話題のドリルの認知度は37.8%と、iPhone Ⅹの33.2%を上回った
  • 「動画視聴やスマホアプリ」に費やす時間は長いものの、お金はあまりかけられていない

調査結果


2017年ヒット商品:話題のドリルの認知度は37.8%と、iPhone Ⅹの33.2%を上回った

各メディアで話題となった2017年の商品について認知を聴取したところ、最も認知率が高かったのは、全体で「うんこ漢字ドリル(37.8%)」、次いで「iPhone Ⅹ(33.2%)」、「マクドナルド グランシリーズ(28.8%)」でした(図1、左)。

その中で実際に購入したもの、使用について確認すると、最も割合が高かったのは、全体で「明治 ザ・チョコレート(21.1%)」、次いで「マクドナルド グランシリーズ(17.8%)」、「ローソン デカ焼き鳥(17.3%)」の順となりました。(図1、右)

また、男女別で見ると商品認知において「明治 ザ・チョコレート」、「森永乳業 食べる乳酸菌タブレット」では、男性に比べて女性の割合が高く、その差は約15ポイントでした。実際の購入についても「明治 ザ・チョコレート」は、認知度に続き男性に比べて女性の割合が高く、その差は16ポイントでした。

「動画視聴やスマホアプリ」に費やす時間は長いものの、お金はあまりかけられていない

2017年に時間とお金を多く費やしたと思うもので「趣味」については、時間もお金も25.0%以上の人が多く費やしたと回答しています。また、「家族との時間」、「動画視聴やスマホアプリ」においては、お金に比べて 時間の割合が高く、その差は10ポイント以上でした。動画視聴やスマホアプリについては、時間を費やしてはいるが、お金はあまりかけられていないようです(図2)。

調査概要


「2017年マイベストヒット」に関するアンケート
・調査期間:2017年12月
・調査手法:ドゥ・ハウスのインターネットリサーチサービス『なまごえ!』を利用。20代~60代の男女を対象。
定量調査と定性調査を実施。
【定量調査】弊社モニター1,000名に対し、アンケートを実施。
【定性調査】WEBアンケートモニターの中から「2017年マイベストヒット商品(サービス)を写真付きで紹介していただける方」30名に、定性調査(なまごえ!)を実施。


詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP