日経BPコンサルティングは、今回で18回目を迎えるブランド価値評価調査「ブランド・ジャパン2018」の消費者編全53業種中10業種における、のべ169ブランドのブランド総合力、および消費者編におけるブランドロイヤルティ指標9項目の各トップ10の結果を発表した。調査は2017年11月から12月にかけて実施され、回答者数は約6万3千人だった。

【業種別ランキングの首位とトピック】

※表1『ブランド・ジャパン 2018の業種別「ブランド総合力」ランキング』より
2017年度に過去最高益を更新したマクドナルド、2017年度1月~12月でカードショッピング取扱高が6兆円を超えた楽天カードなど業績好調を背景に順位が上昇したブランドが目立つ。


  • 【自動車】 トヨタ自動車 前回に続き首位。MAZDAが日産を抜き3位へ上昇
  • 【運輸・物流】 ヤマト運輸 ブランド総合力は低下したが、前回に続き首位を維持
  • 【ファストフード】 モスバーガー 前回に続き首位。マクドナルドが7位から4位へ上昇
  • 【コンビニエンスストア】 セブン-イレブン 前回に続き首位。ローソンがファミマを抜き2位へ上昇
  • 【スポーツ】 NIKE 前回に続き首位
  • 【EC・通信販売】 Amazon 前回に続き首位
  • 【家具・寝具】 無印良品 前回に続き首位。IKEAが3位へ上昇
  • 【情報】 Google YouTubeを抜き首位に。LINEが3位へ上昇
  • 【クレジット・ポイントカード】 T カード 前回に続き首位。楽天カードがVISAを抜き2位へ
  • 【放送】 YouTube 前回に続き首位。テレビ東京が3位を維持
【ロイヤルティ指標9項目の各トップ3】

※表2『ブランド・ジャパン 2018の「ロイヤルティ」ランキング』より
カルビーは、「他の製品・サービスも、利用(購入)したい」「新商品が出たら概ね利用(購入)する」で首位を獲得した。47都道府県別に商品を開発する企画などが功を奏した。ハーゲンダッツは、「他のブランドより価格が高くても、利用(購入)する」で首位を獲得。「クリスプチップチョコレート」などの定番商品の刷新をするなど商品開発に今なお力を入れている。商品力を磨き続けているブランドが各指標で上位に挙がる傾向が見られた。


  • 大ファンである、あこがれている ディズニー/iPhone/帝国ホテル
  • 最近使っており、満足している Tカード/ダイソー/セブン-イレブン
  • 利用(購入)したい セブン-イレブン/モスバーガー/日清フーズ
  • 他者に勧めたい ヱビスビール/スノーピーク/イオンシネマ
  • 今後に期待している 川崎重工業/TESLA/オーケーストア
  • 使ったことがあり、今後も使い続けたい YouTube/ダイソー/セブン-イレブン
  • 他のブランドより価格が高くても、利用(購入)する ハーゲンダッツ/ヱビスビール/ゴディバ
  • 他の製品・サービスも、利用(購入)したい カルビー/ソニー/パイロット(文具)
  • 新商品が出たら概ね利用(購入)する カルビー/ハーゲンダッツ/日清食品

※左から各項目の1位、2位、3位。


詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP