国内産業用ネットワーク機器市場予測 

2018年01月23日

IT専門調査会社 IDC Japanは、国内産業用ネットワーク機器市場に関する予測を初めて発表しました。これによると、国内産業用ネットワーク機器市場は、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)で21.4%と非常に成長率の高い市場であることが明らかになりました。

調査結果サマリー


  • 国内産業用ネットワーク機器市場は、2017年で85億円と小規模ながらポテンシャルの高い市場
  • 2017年~2022年の年間平均成長率21.4%で成長し、2022年には224億円規模に
  • 市場の中心は産業用イーサネットスイッチだが、ネットワークの高度化と共に産業用ルーターと無線LANアクセスポイントが大きく成長と予測

厳しい設置環境でも動作するように設計された産業用ネットワーク機器市場は、決して新しい市場ではないものの、IoT(Internet of Things)の活用が進む中で関心が集まっています。また、ネットワーク接続されていない「グリーンフィールド」が産業用ネットワークには多く残されており、成長の余地は大きいとIDCではみています。2017年の市場規模が85億円と大きな市場ではありませんが、2022年には224億円にまで拡大すると予測しています。また、オフィスなどに導入される一般用企業向けネットワーク機器市場の成長率が、プラスマイナス1%前後とほぼ横ばいであることを考えると、産業用ネットワーク機器市場のポテンシャルの高さが分かります。


詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP