遠距離恋愛に関する意識調査(20歳~34歳未婚男女対象) 

2018年03月14日

オーネットは、20歳~34歳未婚男女383名を対象に「遠距離恋愛に関する意識調査」を実施しました。
 新年度がそろそろスタートするこの時期は、さまざまな新しい出会いに期待が膨らむ一方で、転勤や入学などで、引っ越しを余儀なくされる人も周囲に数多くいるのではないでしょうか。引っ越しに伴い、いろいろな選択に悩む状況の中で、もし1年以上付き合っている恋人と遠距離恋愛になってしまった場合に未婚の独身男女はどのように考え、行動をするのでしょうか。未婚男女20歳~34歳の年代別に、この遠距離恋愛というテーマについて、調査結果をレポートいたします。

主な調査トピックス


  • 恋人と遠距離恋愛となった場合、「交際を続ける」と回答した割合は54%!
  • 「交際を続ける」理由は、全体で57.5%が「好きであれば遠距離は関係無い」!
  • 「交際をやめる」と回答した理由は、やはり現実的な理由による・・・?!
  • 遠距離恋愛から、さらに交際が結婚に発展しそうな場合、「お相手の居住地に引っ越しをする」と回答した割合は、「すぐに」、「準備してから引っ越しをする」をあわせて全体で57.2%という結果に!

調査結果


1年以上付き合っている恋人と遠距離恋愛になったらどうしますか?

全体では「交際を続ける」という回答が半分以上の54%となりました。一方で、「交際をやめる」「わからない」という否定的または不安要素を含む回答が23%となり、「転居先や期間によって考える」というどちらともいえない回答が21%となりました。全体としては4人に2人が「交際をつづける」、4人のうち1人は「交際しない(分からない含む)」、そして5人のうち1人は、「状況によって考える」という調査回答となりました。

男女年代別にみてみると、男性では20代前半が「交際を続ける」と回答した割合が60%となった一方で、30代前半では43.9%と割合が減少し、年代があがるにつれて遠距離恋愛に対して肯定的でない回答の割合が高くなることがわかりました。一方で女性は30代前半が64.8%と最も高く、20代前半・後半では55%前後という結果となり、男性と女性では年代によって遠距離恋愛に対する意識が違ってくるという調査結果となりました。つまり30歳を過ぎた男性は、遠距離恋愛で交際を続けるよりも新しい出会いを求め、一方で30歳を過ぎた女性は目の前の恋愛を大切にしたい傾向にあるということが調査結果からうかがえます。

「交際を続ける」と回答した人にお聞きします。その理由は何ですか?

つぎに遠距離になっても「交際を続ける」と回答した54%の男女に、その理由について聞いてみました。
全体では約6割にあたる57.5%が「好きであれば遠距離などは関係ない」という回答となりました。また「旅費や会う頻度減少など気になる事はあるが何とかなりそう」「なってみないと分からないが何とかなりそう」をあわせると約4割の41.6%という結果で、いくつかの不安要素はあっても恋愛にとって遠距離は何とかなるだろうという意識があることが調査結果から読み取れます。

また、興味深いのは「好きであれば遠距離恋愛などは関係ない」という回答のボリュームは、女性より男性の方が圧倒的に大きく、一方で女性は「旅費などは少し気になるがなんとかなりそう」「なってみないと分からないが何とかなりそう」という回答にボリュームがあることです。男性はある意味においてロマンティストな一面があり、一方で女性は男性と比較して、より現実的な一面が強いのではないかと推察できる調査結果といえます。

「交際をやめる」と回答した人にお聞きします。その理由は何ですか?

一方で、遠距離恋愛になったら「交際をやめる」と回答したのは、全体では少数の4%の割合となりました。その理由を聞いたところ、「遠距離だとさみしい」「移動時間や交通費など効率が悪い」「遠距離だとうまくいかない」という回答結果となりました。今回の調査では全体の4%と少ない割合でしたが、遠距離恋愛によるさまざまなハードルについて、環境等による現実重視で遠距離恋愛を冷静に考えている男女も少なからずいるということがわかります。

遠距離恋愛で結婚を意識した場合、お相手の居住地に引っ越しをしますか?

それでは遠距恋愛が進行してお相手と結婚を意識した段階で、「お相手の居住地に引っ越しをするかどうか」を聞いてみたところ、「引っ越しをする」という回答は全体で18.3%、「すぐにはできないが引っ越しの準備をする」が38.9%という結果となり、あわせてや約6割にあたる57.2%の男女が遠距離恋愛となったお相手の居住地に、結婚を意識した場合には「引っ越しをする」考えであることがわかりました。

一方で、「引っ越しはしない(遠距離の場合結婚は考えない)」という回答が11.5%、「わからない」が27.9%という回答結果となり、恋人としての遠距離恋愛ということと、結婚という場合の遠距離という意識については、仕事や家族、将来の人生設計等をふくめ考慮したうえで、約4割の男女が否定や肯定的でない考え、またはより慎重になることが調査結果に表れているのかもしれません。

“結婚相手紹介サービス「楽天オーネット」調査”

調査概要


調査名:楽天オーネット(20歳~34歳独身男女)「遠距離恋愛に関する意識調査」
調査地域: 全国
調査対象:20歳~34歳の独身男女
調査方法:インターネットを利⽤したクローズ調査
調査日: 2018年2月15日(木) ~ 2月22日(木)
調査主体: 株式会社オーネット
サンプル数: 383 人(男性:197人、女性:186人)


詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP