【速報版】「2018年3月1日時点内定状況」 就職プロセス調査(2019年卒) 

2018年03月14日

リクルートキャリアのよりよい就職・採用の在り方を追究するための研究機関・就職みらい研究所は、就職みらい研究所学生調査モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施いたしました。

調査結果


「就職内定状況(速報値)」について

3月1日時点での就職志望者のうち、就職内定率(速報値)は9.9%で2月1日時点の4.5%と比べて5.4ポイント高かった。また、前年同月の6.2%と比べて3.7ポイント高かった。

「就職活動実施状況(速報値)」について

3月1日時点での就職志望者のうち、就職活動実施率(速報値)は96.5%で2月1日時点の85.6%と比べて10.9ポイント高かった。また、前年同月の95.9%と比べて0.6ポイント高かった。

調査概要


・調査目的: 大学生・大学院生における就職活動の実態を把握する
・調査方法: インターネット調査
・調査対象: 2019年卒業予定の大学生および大学院生に対して、『リクナビ2019』にて2017年11月24日~12月8日、2018年1月16日~2月13日に調査モニターを募集し、モニターに登録した学生2,022人(内訳:大学生1,455人/大学院生567人)
・調査期間: 2018年3月1日~3月5日
・集計対象: 大学生 636人/大学院生 286人


詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP