スマイスター 売りたい市区町村ランキング 2018 

2018年03月13日

不動産関連の比較サイト「スマイスター」を運営するシースタイルは、「スマイスター」の不動産売却に査定依頼のあった不動産の行政区をもとに「売りたい市区町村ランキング 2018」を集計しました。

「『世田谷区』が2年連続1位!2017年は毎月トップ10内にランクイン」

1位 東京都世田谷区
2位 東京都練馬区
3位 東京都大田区
4位 鹿児島県鹿児島市
5位 東京都足立区
6位 大分県大分市
7位 東京都江東区
8位 東京都板橋区
9位 東京都杉並区
10位 東京都新宿区

日本最大級の不動産売却一括査定サイト「スマイスター」で査定依頼件数が多かった行政区を集計したところ、「世田谷区」が昨年に引き続き1位であることが分かりました。世田谷区は2017年1月から12月まで毎月トップ10内にランクイン。5年間で空き家が約3.5倍に増加するなど空き家率が高いことも関係しているのかもしれません。

2位は「練馬区」、以下「大田区」「足立区」「江東区」「板橋区」「杉並区」「新宿区」と東京勢が占めるなか、4位に「鹿児島市」、6位に「大分市」と九州の各市もランクアップし、上位に名を連ねました。大分市は8月に1位を獲得し、毎月トップ10内にランクインし、鹿児島市は1位獲得はないものの、年に7回と多めのランクインでした。

また、「宇都宮市」「中野区」「旭川市」がトップ30以内に急浮上しました。宇都宮市は5月から8月にかけて、中野区は1月と5月に、旭川市は5月にトップ10内にランクインしました。旭川市は、隣接するベッドタウンの東神楽町(10.1%増)と東川町(3.3%増)の人口増加による転出も1つの原因ではないかと考えられます。どちらも2015年国税調査で道内1位、2位と高い増加率でした。

「圏外からトップ50に急浮上は『目黒区』『所沢市』『京都市伏見区』!」

100位までにランクインした街を見ると、東京都は23市区と一番多く、」2位の福岡県(10市区)の倍以上と大きく差をつけました。3位以下は神奈川県、大阪府(共に8市区)、兵庫県(7市区)、埼玉県、愛知県(共に6市区)、北海道、千葉県(共に4市区)となり、全体的に人口や供給戸数が多い街であることが分かり、需要と供給のバランスも顕著でした。

また、昨年のランキングと比較すると、「目黒区」(41位)、「所沢市」(43位)、「京都市伏見区」(49位)など圏外からトップ100にランクインした街は16市区。一方、「奈良市」(前年38位)、「函館市」(前年45位)など昨年のトップ100から圏外にランクダウンした街は17市区ありました。

2017年は、日本最北端の北海道稚内市、最南端・最東端の東京都小笠原村、最西端の沖縄県八重山郡与那国町を含む、全国1,808(前年は1,806)市区町村の不動産査定依頼がありました。売りたい都道府県トップ5は、1位から東京都、大阪府、神奈川県、愛知県、福岡県の順でしたが、逆に売りたくない都道府県トップ5は、1位から高知県、島根県、鳥取県、福井県、秋田県の順となり、人口に比例する傾向にあります。因みに、全市区町村1,896中、査定依頼が全くなかったのは88市区町村でした。

調査概要


対象期間:2017年1月1日~2017年12月31日
対象者:「スマイスター」の不動産売却ユーザー
集計方法:「スマイスター」の不動産売却に査定依頼のあった不動産の行政区をそれぞれ集計
「スマイスター調べ」


詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP