新生活とお弁当づくりに関する実態調査(10代から60代までの男女対象) 

2018年03月13日

凸版印刷が運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、「Shufoo!」を利用する全国の男女のうち、2018年4月より週3回以上平日にお弁当づくりをはじめる「新米ママ・パパ」1,045名と3年以上お弁当づくりをしている「ベテランママ・パパ」14,752名を対象に、新生活とお弁当づくりに関する実態を調査しました。

調査結果概要


  • ベテランママ・パパはお弁当の献立を「当日の朝」立てる方が約4割!しかもお弁当づくりにかける時間も「15分未満」が約4割も。新米ママ・パパは献立を「前日」立てる方が約7割、かける時間も「30分未満」と半数が回答、時短と効率の差が顕著に。
  • 新米ママ・パパはさらに「朝食や、身支度と同時進行できるか」と、お弁当づくり以外に時間的な効率に不安が高い。
  • ベテランならではの時短の知恵と効率化、おいしいお弁当をつくるコツ、新米ママ・パパへのアドバイスをいただきました!

調査結果詳細


■新生活、「子ども」の進学とともにお弁当づくりがスタート!

●ベテランママ・パパと新米ママ・パパの両方に「誰のお弁当をつくっていますか?(又はつくる予定ですか?)」(複数回答可)と質問したところ、ベテランママ・パパは「パートナー」(58.6%)と回答した方が多いのに対し、新米ママ・パパは「お子様」(75.0%)と回答した方が多い結果となりました。
 新米ママ・パパのお子様の年齢を尋ねてみたところ、「中学生」(38.8%)と4月から幼稚園、小学校に進学する「3~5歳、未就学の6歳」(37.3%)に回答が集まり、進級・進学とともにお弁当づくりの生活が始まることが読み取れました。

■ベテランと新米のお弁当づくりは時短の差!

●ベテランママ・パパはお弁当の献立を「当日の朝」立てる方が約4割!しかもお弁当づくりにかける時間も「15分未満」が約4割も。新米ママ・パパは献立を「前日」立てる方が約7割、かける時間も半数が「30分未満」と回答、時短と効率の差が顕著に。

 次に「お弁当の献立はどのタイミングで立てますか?(又は立てる予定ですか?)」(単一回答)と質問したところ、ベテランママ・パパと新米ママ・パパの両方で「前日」という回答がトップに上がったものの、ベテランママ・パパは「当日の朝」と回答された方も約4割(37.6%)いらっしゃいました。これに対し新米ママ・パパは「当日の朝」が18.0%と少なく、かつ「前日」が66.1%と圧倒的に多くなりました。「お弁当づくりにかける時間」についても新米ママ・パパは半数(50.2%)が「30分未満」と回答したのに対し、ベテランママ・パパは「15分未満」「30分未満」が約4割に上り、ベテランママ・パパは時短のコツを知っていることが表れました。

●新米ママ・パパはさらに「朝食や、身支度と同時進行できるか」と、お弁当づくり以外に時間的な効率に不安が高い。
 ベテランママ・パパと新米ママ・パパの共通の悩みは「お弁当づくりで心配なこと」(複数回答可)に対するもので、「栄養バランスよくつくれるか」(ベテラン:56.0%、新米:62.4%)が1位となりました。新米ママ・パパは「メニューがマンネリ化しないか」(59.5%)も2位となり、パートナーや子どもの健康を気遣う毎日のお悩みが表れた結果となりました。
 またベテランママ・パパに比べ新米ママ・パパは、「自分が寝坊しないか」(40.9%)「時間内につくれるか」(39.0%)「朝食や、身支度と同時進行できるか」(41.0%)など、お弁当の中身よりもお弁当づくりの時間に関するお悩みが全般的に高くなりました。

●ベテランならではの時短の知恵と効率化、おいしいお弁当をつくるコツなど、新米ママ・パパへのアドバイスをいただきました!

〇時短の知恵と効率化
「冷凍食品も、美味しい物がたくさんある。安売りの時に多く購入すればいい。時間も短縮になる。」
「卵焼きやウインナーなど定番で入れるものを決めていると、メインを考えるだけで済みますよ。」
「夕飯の支度時に一部をお弁当用にとりわけてアレンジしておくなど、同時進行しておくと毎日続けるのに、あまり負担に感じないと思います。」
「週末に何種類かおかずをつくって小分け冷凍しておくと(手づくりの冷食をつくっておくと)当日の朝詰めるだけで良いから時短になるよ!※冷凍焼けしないためにも1週間で使いきれる数だけつくるのがベスト!」

〇おいしいお弁当をつくるコツ
「電子レンジで加熱する場合は、ミニトマトではなく違う赤を加える事をオススメします。なぜかと言うと、温めると破裂したり熱すぎて食べづらいからです。」
「主食・メイン(肉、揚げ物、魚等)・野菜料理の3つが揃えば、十分。」
「おかかやすりゴマは食材の底に敷くと水漏れを減らしてくれます。子供も大人も食べるまで真っ直ぐのまま運べない事が多いので弁当箱は見た目より気密性で選ぶ方をお勧めします。」

〇励ましのメッセージ
「自分はお弁当づくりに自信がありません。でも節約と主人の要望の為に毎日何とかやっています。同じような方がいらっしゃるなら一緒に頑張りましょう!」
「子供とパートナーの食べる時の顔を思いだしながらつくると楽しいですよ。」
「空っぽのお弁当を持って帰ってくると、とにかく嬉しいです。食べるときの顔を想像すると、楽しくつくれます。頑張って下さいね。」

調査概要


Shufoo!利用者調査
調査エリア: 全国
調査対象者:「シュフーポイント」会員(10代から60代までの男女)
サンプル数: 合計有効回答サンプル数56,712(内、「新米ママ・パパ」サンプル数1,045、「ベテランママ・パパ」サンプル数14,752)
調査期間: 2018年2月18日~2月20日
調査方法: インターネットリサーチ

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP