第1回 働く女性に関する意識調査(20~60代の働く女性対象) 

2018年03月08日

シーボンは、3月8日の国際女性デーにあわせて「第1回 働く女性に関する意識調査」を、全国の20~60代の働く女性2,254名に対して実施しました。

調査結果


働く女性「女性であることが不利」と回答が45.4% 30代の約7割が出産・子育てが壁になりうると回答

現在の職場環境において女性活躍は実現しているか?の質問に、「実現している」「どちらかと言えば実現している」と答えた人は2,254人中855人、全体の38%で、まだ明確に女性活躍を実感する職場が少ないことがわかります。(下記左グラフ参照) また、女性であることが不利だと感じるかを聞いたところ、「不利だと思う」「どちらかというと不利だと思う」と答えた人は、2,254人中1,023人、全体の45.4%という結果が出ました。

Q.働く上で女性であることに壁となりうると思うことは何ですか。(複数回答)
また、「働く上で女性であることに壁となりうること」は何かを聞いたところ、「出産・子育てに関すること」が55.6%でトップ回答になりました。
特に、30代は68.4%が選択しており、子育て世代がいかに働きづらさに直面しているかがうかがえます。また、2番目に多かった生理に伴う不調に関しては、一部生理休暇を導入している企業もあるものの、まだまだ理解されづらく、触れにくい問題だと考えられます。
女性活躍を推進しようと謳う世の中の流れとは裏腹に、実際は「働きづらさ」を感じている女性が多いようです。

「男性に勝っているスキル」は“コミュニケーション能力”がトップ回答に

Q.あなたの職場環境で、自身のスキルが男性社員に勝っていると感じるポイントは何ですか?(複数回答)
自身の職場環境で、男性社員に勝っていると感じるポイントは何かを聞いたところ、最多回答は「コミュニケ―ジョン能力(31.9%)」、続いて「知識(21.9%)」、「清潔感(19.5%)」という結果になりました。
対人関係における女性ならではの細かな気遣いなどが、回答結果に反映されているようです。特に、高いコミュニケーション能力を自負する女性が多く、女性活躍のカギとなる能力の1つと言えるかもしれません。
なお、「特にない」との回答では、「男女というよりも個人のスキルによる」との意見が多数を占めています。

「理想の上司」女性No.1は天海祐希さん、男性は明石家さんまさんがトップ

芸能人での理想の上司を男女別に聞いたところ、圧倒的に人気だったのは女優の「天海祐希」さん。姉御的存在としてバリバリ職場を引っ張ってくれそうなイメージがあるようです。
男性のトップはお笑い芸人「明石家さんま」さん。長年お笑い界のトップを走り続けているにもかかわらず、裏では共演者や後輩への気遣いなどのエピソードが周知されています。
3位以降では俳優の「役所広司」さん(54票)や「阿部寛」さん(44票)が、人気ドラマでのイメージもあり、名を連ねました。また、 「マツコ・デラックス」さんが男女両方合わせて21票を獲得しました。

働く女性が考える理想の上司は、 「人望がある」「仕事ができる」「リーダーシップがある」が男女とも理想の条件となりました。
さらに若干、男女で求めるスキルが違うこともわかります。男性上司にはリーダーシップや仕事の「スキル」を求める傾向にあるようです。一方、女性上司には面倒見の良さや人望といった「人柄」を求める傾向にあります。
今回の芸能人ランキングのTOP3の方々は、両方の理想を併せ持ったイメージの方が選ばれる結果となりました。

「株式会社シーボン調べ」

調査概要


調査期間:2018年2月16日~18日
調査対象:2,254名(全国の20~60代、有職者の女性)
調査方法:インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP