キャリタス就活2019 学生モニター調査(学生のAIによる選考についての反応) 

2018年03月07日

ディスコは、2019年3月卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象に、3月1日時点での就職意識および就職活動の準備状況に関する調査を行いました。(調査期間:2018年3月1日~6日、回答数:1,258人)
企業の採用活動に技術革新が訪れており、AI(人工知能)を活用した「HRテック」が、人事担当者の役割を肩代わりする動きも出始めています。就職戦線がスタートした時点での学生のAIによる選考についての反応をたずねました(詳細については3月中旬発行の確報版をご覧ください)。

企業探しや採用試験に人工知能(AI)が導入されることについての考え

○「AIが自分に合う企業をお勧めしてくれる」について
「とてもよいと思う」25.2%、「よいと思う」42.4%と6割以上(67.6%)が肯定的に回答しました。

○「AIに書類選考の合否を判定される」ことについて
「よいと思わない」30.8%、「まったくよいと思わない」19.3%で、約半数(50.1%)が否定的な回答でした。

○「AIに面接試験の合否を判定される」ことについて
「よいと思わない」34.5%、「まったくよいと思わない」33.0%で7割近く(67.5%)が否定的な回答でした。

調査概要


「キャリタス就活2019学生モニター調査(2018年3月)」
調査対象:2019年3月に卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)
回答者数:1,258人(文系男子412人、文系女子405人、理系男子288人、理系女子153人)
調査方法:インターネット調査法
調査期間:2018年3月1日~6日
サンプリング:キャリタス就活2019学生モニター(2016年卒以前は「日経就職ナビ・就職活動モニター」)


詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP