SNS上での「旅行体験シェア」に関する調査 

2018年03月02日
宿泊予約サイトHotels.com™は、SNS上での「旅行体験シェア」に関する調査を実施。東京、京都を含む世界の観光都市ごとに、旅行者がシェアするテーマの傾向を明らかに。
世界中の観光都市で、旅行者がSNS上でシェアするテーマについてAIツールを使って分析した調査結果を発表しました。

この調査で、世界中の旅行者は、博物館・美術館(30万シェア)、旧市街(17万シェア)といった文化的なものや太陽の光を浴びられる場所(13万シェア)に強く惹かれる傾向があることがわかりました。また、水上に浮かぶレストランやナイトマーケットなどにも興味を持っていることが明らかになりました。

この調査では、世界で500万を超えるシェアの内容について、AIツールによる分析が行われました。インスタグラム投稿へのリンクを含むツイートデータと革新的なAIツールによる分析により、旅行者が休暇中にSNS上でシェアしたテーマのランキングが明らかとなりました。AIツールは、旅行関連キーワードや旅行先に関するつぶやきなどを基にSNS上でシェアされたものを特定し、さらにグループ分けを行いました。

世界でのシェアされたテーマ トップ10

 1.博物館・美術館
 2.ルーフトップバー
 3.旧市街
 4.モダンアート
​ 5.オペラ
 6.太陽
 7.オリンピック
 8.大聖堂
 9.ギャラリー
 10.バレエ

東京でシェアされたテーマトップ5

 1.富士山
 2.雷門
 3.ルーフトップバー
 4.オリンピック
 5.下町 

京都でシェアされたテーマトップ5

 1.富士山
 2.錦市場
 3.伏見稲荷の鳥居
 4.ザ・リッツ・カールトン
 5.古い街並み

この旅行体験シェアに関するトレンドは、Hotels.comが最近実施したMobile Travel Tracker調査※1 の結果とも相関が認められました。Mobile Travel Tracker では、世界の旅行者の6人に1人が#inspo(#インスピレーション)というハッシュタグで投稿する写真のネタを探すため、旅行前にSNS上で検索すると回答しています。また、旅行者のSNS平均使用時間は1日に66分でした。

旅行者が人気スポット、旅先の文化を感じられる場所に関する旅行体験をシェアするというのは想像に難くありませんが、おいしそうな食べ物、そして天気に関する最新情報、またはスポーツ関連のスナップショットなどもこれまでにないほどシェアされています。

おいしい食べ物が映る#Foodporn

#FoodPornは人気の投稿で、旅行体験シェアのランキングは食べ物で溢れています。ストックホルムのケーキやトロントのカレーは各都市でトップ10にランクインしているほか、ニューヨークでは、ステーキやピザが選ばれました。さらに、エンチラーダはメキシコシティのモダンアートの倍の人気があることがわかりました。また、サンフランシスコのアイスクリームは旅行体験シェアの10%を占めています。香港の水上レストラン「ジャンボ・キングダム」は、同都市のランキングで2位にランクインし、2万件以上もの旅行体験シェアの投稿が確認されました。

買い倒れるまでひたすら買い物

ショッピングは旅行者にとって欠かせないアクティビティです。パリを訪れた人々はルーブル美術館よりも、ブティックが立ち並ぶことで有名な「ヴィエイユ・デュ・タンプル通り」についてシェアする人が多いことが明らかになりました。このほか、ショッピングスポットとしてSNS上に多くシェアされた場所は、マイアミの「バル・ハーバー」、香港のショッピングモール「ハーバーシティー」、メルボルンのヴィンテージショップでした。また、スタイリッシュなファッションブランド「セシル・コペンハーゲン」はデンマークの首都コペンハーゲンのトップ10入りを果たしました。

雨の時でも晴れの時でも天気に関して投稿

旅行は天気によって左右されることが多く、旅行中に晴れると旅行者はその喜びをシェアしたくなります。“sunshine”というキーワードは「旅行体験シェア」の世界全体のランキングで6位にランクインしました。世界の都市の中には、天気がコロコロと変わる場所もあります。例えば、バンクーバーを訪れる旅行者は太陽も雨もどちらも投稿することが多く、両方ともトップ10にランクインしています。一方、ストックホルムを訪れる旅行者は雪についてシェアする傾向があり、1万件ものシェアが確認されています。曇りの日が多い傾向にあるロンドンでは、晴れた喜びをシェアしたと思われる“British sunshine”(英国の太陽)に関する投稿が約1万件ありました。

5つ星のラグジュアリーホテル

ラグジュアリーホテルを訪れた際には、自然とその体験を共有したくなるものです。サンフランシスコの5つ星ホテル「ザ・リッツ・カールトン」は、同都市の旅行体験シェアランキングで1位となりました。また、シンガポールの「フォーシーズンズ」はまさに旅行体験シェアをするにはうってつけのホテルです。ソウルの「パークハイアット」は、壮大なルーフトップ・プールがあることから、同都市のランキングで1位を獲得しました。

スポーツ

オリンピックは世界中で好まれるトピックです。旅行者は、シドニー、東京、リオデジャネイロ、バルセロナ、バンクーバー、北京などのかつてオリンピックが開催された、あるいは今後開催される都市の象徴ともいえるスタジアムに自然と引き寄せられてしまいます。オーストラリアでは、バスケットボールチームである「シドニー・キングス」が観光地として有名な「ハーバー・ブリッジ」よりも人気がありました。また、メルボルンでは、クリケット用の競技場である「メルボルン・クリケット・グラウンド」も1位となりました。サッカーの聖地でもあるバルセロナでは、リオネル・メッシがカタルーニャ州のトップ10にランクインしました。


詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP